« ヤシン氏殺害関連 | Main | 覆面パトカー »

2004.03.25

争いではなくて神の愛に生きる

 人間はなぜ争うのだろうか。この問いは世界中の良識をもつ者たちにとって、繰り返されてきた問いである。人間の歴史というのは、すべてが争いの歴史、戦争の歴史である。このことは歴史の中で繰り返し問われ、何らかの答えが見出されてきたのではあるが、それによって解決の努力がなされてきたとは思われない。広島平和宣言(平成15年)の中で広島市長秋葉忠利氏は、「私たちは『暗闇を消せるのは、暗闇ではなく光だ』という真実を見つめ直さなくてはなりません」と述べている。テロに対してはさらにそれを上回る武力によって制圧すべきだという考えはほんとうに解決を与えるものだろうか。

 聖書によれば、人間は神さまによって創造されたもので、神のことばに聞き従うことが人間としての本来のあり方だと述べている。そして最初の人たちが、神のことばに聞き従うことに失敗したときに、人間の中に大きな変化が起こったと述べている。それは最初の人たちが神の御手の中にあって互いに愛し合う関係にあったものが、互いに人を支配しようとする関係に変わったからだと述べている(創世記3章16節)。

 H・E・テートというハイデルベルク大学社会倫理学教授(当時)は、岩波書店から出ている『現代文明の危機と時代の精神』(1984年)という論文集に「現代世界の危機における人間性のための闘い――神学的考察」という論文を寄せている。その最後の部分で彼は次のように述べている。「すなわち、人間性は、人間にたいする神の呼びかけから成立するということである」(p.263)。この論文の中でテートは、一貫して神のことば、すなわち聖書のことばに耳を傾けなければならないことを語っている。

 聖書は神のことばに聞き従い、互いに愛し合い、互いに他者のための存在として生きるのが、人間本来のあり方だと語る。力によって他者を支配するのではなくて、和解と、愛の関係に生きることこそ、真実な生き方と、力ある生き方を人に与えるものではないか。このことを真剣に考えなければならない。

« ヤシン氏殺害関連 | Main | 覆面パトカー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

mamolu様、shunpapa様。コメントありがとうございます。
確かにmamolu様が言われるとおりに「宗教が政治に利用されている」というのが現実なのでしょうね。政治に利用されるということと同時に、人は自分に都合のいいように宗教を利用するようです。
新約聖書では、人は他者を愛し、他者のために生きる存在であると教えられます。そしてそのために祈れと要請されています(ヨハネの福音書14章)。しかし人はすべてにおいて自己保存へと向かうという悲しい宿命を負っています。この悲しい宿命という存在を聖書は「罪」の状態と言います。そして「この罪から解放する」とイエス・キリストは言われたのです。
いきなりお説教になってしまいましたが、この真理をどのように実践するのかというのが、人類に与えられている大きな課題ではないかと思うのです。

徘徊老人さま、ご挨拶を兼ねてコメントさせていただきます。
このブログを見て何となく惹きつけられブログをはじめようとしています。
登録は済ませて現在奮闘中、参考にさせていただき、またご迷惑をかけるかも知れませんがよろしくお願いします。
さて、宗教の問題ですが、宗教による争いがあるというのは本当に悲しいことですね。徘徊老人さまの言われるように聖書の言葉に耳を傾ければ少なくともクリスチャンの間では争いが少なくなるのにと思います。どうしても人間の考えることには限界がありますねぇ。
ましてや信仰を異にする人たちの間ではどうやったら折り合いがつくのか想像さえできません。
今のところは自分一人だけでも、という気持ちで聖書をひもといたりしていますが、これからもこちらへお邪魔しては勉強させていただきたいと思っています。
mamoluさまのおっしゃるとおり宗教が利用されている、という面は否定できませんがこれも人間のつくった宗教[団体]や宗教[活動]に中心を置くからだと思います。やはり根本は個人と神さまの間の『信仰』にあると思いますし、へりくだって聖書の言葉に耳を傾けなければ、と自省しています。
では今後ともよろしくお願いします。

私は 一概に 宗教を否定するものではありませんが 確かに 人類の歴史は 争いの歴史であるという点については わかるような気がします。原因は 経済的な理由から 他国への侵略が始まったり 他国への干渉が始まったりして それに抵抗するものとの 争いへと発展するケースもあると思いますが もうひとつの「宗教戦争」という形の 根深い宗教上の対立が 争いの原因になっている側面もあると思います。
自分の信じる神だけが 絶対であるとか 聖地を巡る争い。
これは ずいぶん昔から繰り返されているのではないのでしょうか。
宗教が 人類の 争いごとをなくし 人を 悩みや苦しみから救うものであるというのであれば なぜ 宗教的な対立が 戦争まで 発展してしまうのでしょうか 私には 疑問です。
宗教が 政治的に利用されているからでは無いのでしょうか

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/351932

Listed below are links to weblogs that reference 争いではなくて神の愛に生きる:

» 受難日にむけて - 政治と宗教の関係について考えてみる [蛇の抜け殻]
 徘徊老人-LOGという、牧師さんの手によるブログに[争いではなくて神の愛に生きる]という記事があり、数名の読者さんからコメントが寄せられています。  その中... [Read More]

« ヤシン氏殺害関連 | Main | 覆面パトカー »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ