« イエス・キリストの十字架物語 8 | Main | 映画を見て召天しよう »

2004.04.26

将棋名人戦第二局

将棋名人戦第二局が始まった。
横歩取りの将棋になって、羽生名人が8五飛戦法に出た。あとはこれしかないという手順で進んで、早くも終盤戦の様相を呈して、第一日目を終わった。五時過ぎにテレビを入れて、あまりにも早く進んだ局面にびっくりしてしまった。しかし8五飛戦法ではこうなるしかないという手順らしい。

羽生名人が1八飛と打ち込んで王手したところで封じ手となった。
解説の加藤一二三9段によれば、これからもまだまだ難しい局面が続くらしいが、この戦法は、ほとんど一直線に進んでしまうようである。どちらか間違ったほうが負けということになるのではないか。
互いにきわどい手順を強いられる。見ているほうは手に汗握るという場面が続く。明日が楽しみ。

« イエス・キリストの十字架物語 8 | Main | 映画を見て召天しよう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/496981

Listed below are links to weblogs that reference 将棋名人戦第二局:

« イエス・キリストの十字架物語 8 | Main | 映画を見て召天しよう »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ