« イエス・キリストの十字架物語 13 | Main | 拉致被害家族のニュース »

2004.06.01

『ダ・ヴィンチ・コード』という本

 『ダ・ヴィンチ・コード』という本がアメリカで評判になっているらしい。この本は03年3月に発売されたのですが、全米で650万部を売るという超ベストセラーとなりました。邦訳が5月31日に角川書店から出版されました。
 これは推理小説で、「イエス・キリストは売春婦だったマグダラのマリアと結婚して子供をもうけ、その子孫がフランスに住んでいる」という想定で、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を手掛かりにキリスト教の闇の歴史を解明するという筋書きだそうです。ホームページでは荒俣宏氏や、養老孟司氏が賛辞を寄せています。
 アメリカでは聖書の歴史を曲解させる危険があるというので、各地でキリスト教会による反論があり、この本を批判し聖書を擁護する本が続々と出版されるという騒ぎになっているらしいです。毎日新聞

« イエス・キリストの十字架物語 13 | Main | 拉致被害家族のニュース »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。「ダ ヴィンチ コード」を英語で読んだのですが、非常に憤慨しました。
コレとアレとソレを適当に選んで面白おかしい話にして、始めから映画になるのを期待して書いた本だと思ってます。勿論、出版の自由はありますのでブラウン氏の自由ですが、読者側がかなり気をつけないと危険な本になると思う。
この世の中はヘソ曲がりよりも心の綺麗な人の方が多いと私は思っているのですが、ある時は、それは危険であると思う。
反響を呼ぶ題材を玩具にしているだけであるのに、インタビューなどで「この本で各地に各自の信仰を考える場が出来ればよい」と言っていて全くもって何もわからず何も経験した事もなく何も知らない人の書いた本であると私は思ってます。勿論、ブラウン氏と直接に対話が出来ない私であるのでブラウン氏を理解していないのかもわかりませんが。

全くの個人サイトで日本に居る同窓生との連絡が開設の趣旨であったホームページを私は持っているのですが、そこのHowlingのページのHowling 5とBookのページに読後の私のグチを並べています。正しい、正しくないというよりも私が憤慨するままを正直にぶつけただけのものです。つまり私は批判という否定的ではありますが関心をよせている事になります。

kiraさん、コメントありがとうございます。
この場合は「規制」ではなくて、アメリカの教会からの反論なのだと思います。アメリカの保守的教会は、自分たちの教理に関しては絶対妥協しないという堅いところがあります。そういう立場からの反論ですが、『ダ・ヴィンチ・コード』は単に小説ですから、そんなにむきになることもないのではないかと思いますが……
でもこの本の書き出しは「この事件は事実である……」などと書いてあるのですね。

「キリスト教」がかかわってくる翻訳物って、キリスト教をあんまり知らない翻訳者が訳すものだと、もうひどくて読むに値しないものがあるので、面白いのだろうけどあんまり読みたくないな、と思うわけです。
じゃあ、英語で読め、と言われるとそれもつらいのですが。

はじめまして。kiraといいます。『ダ・ヴィンチ・コード』、私も以前から気になっていたのですが、とうとう邦訳でたのですね。明日は本屋さんに行かなくては!
それにしても、アメリカにしろ日本にしろ規制がどんどん変な方向に行っているような気がします。幼いころ、けっこうきわどいものを読んだり見たりしていましたが、それが私という人間を間違った方向に導いたかというと、そうでもないと思います。逆に過保護を受け続けて大人になった人が『なんらかのあやまち』からそうしたものに触れたとき、どんな行動を起こすんでしょう。そちらのほうがよっぽど怖い気がします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/691867

Listed below are links to weblogs that reference 『ダ・ヴィンチ・コード』という本:

» ダ・ヴィンチ・コードと聖書 [GyutoNET.com]
MSN-Mainichi INTERACTIVE アメリカ「新約聖書とダ・ヴィンチ・コード」と題した3回シリーズの講座は、50ドルの受講料にもかかわらず満席の盛... [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コードと聖書 [GyutoNET.com]
MSN-Mainichi INTERACTIVE アメリカ「新約聖書とダ・ヴィンチ・コード」と題した3回シリーズの講座は、50ドルの受講料にもかかわらず満席の盛... [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コードと聖書 [GyutoNET.com]
MSN-Mainichi INTERACTIVE アメリカ「新約聖書とダ・ヴィンチ・コード」と題した3回シリーズの講座は、50ドルの受講料にもかかわらず満席の盛... [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code [[Channel One]]
ダビンチコードを読了しました。昨日、暴食暴飲で体調不良でありましたが、次の展開が楽しみでどんどん読み進めました。非常にテンポのいいミステリーで、シオン教会、キリ... [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code [百鬼夜行]
 絶賛されているミステリーで、本屋さんでも平積みで山ほど売っている本なので、期待 [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コード [aki's STOCKTAKING]
THE DA VINCI CODE by Dan Brownダ・ヴィンチ・コード(上・下)ダン・ブラウン 著 / 越前敏弥 訳出版社 角川書店定価:1,800円... [Read More]

» 最近ものすごく気になる本:ダ・ヴィンチ・コード [the diary of arai yusuke]
まだ買ってないけど、ものすごく欲しい本、それは「ダ・ヴィンチ・コード 」。 なんか、流行ものなので、ミーハーっくて恥ずかしいけど、でも気になる。 本屋に行くと、... [Read More]

« イエス・キリストの十字架物語 13 | Main | 拉致被害家族のニュース »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ