« 浅間山 | Main | 新曲発表 »

2004.12.09

靖国神社

 靖国神社に小泉総理が参拝するということで、中国が再びクレームをつけている。小泉総理は靖国神社に参拝する理由を、二度と戦争を起こさないという決意を表明するためという言葉で説明する。しかし中国では、A級戦犯も祭られている神社になぜ参拝するのかと、疑問を提出している。
 
 靖国神社の問題は、必ずしもA級戦犯が祭られているところに、国の首相が参拝するということだけのことではないのではないか。そもそも靖国神社というのは、国のために戦って戦死した人を祭る神社、あるいはそういう人々の魂を慰めるための神社であったと思う。靖国神社の前段階は、明治維新の時の戊辰戦争の戦死者を祭るというのがその設立の目的だったと思う。そしてそこに祭られている人々は「英霊」とか「軍神」とかという名前でへ呼ばれていたと思う。
 
 ということは戦争のために戦って戦死した人を祭るのであって、国のために犠牲になった人が対象なのである。そこには軍人とか、軍属という人に限って祭られるのであって、そのほかの一般大衆の魂は祭られない。自国の戦争のために心ならずも犠牲となって死んだ人々については、国は何も見向きもしないのである。

 飛躍して考えれば、国の軍隊というものは、国の一般市民を守るのではなくて、国の支配者、天皇のための軍隊なのである。天皇のために殉死した人が「英霊」としてそこに祭られるのである。戦前には天皇が、この神社に参拝をするという国家的大行事が行われた。たしかそれは「春季皇霊祭」と「秋季皇霊祭」というものがあったと記憶している。このときはNHKが特別のラジオ実況放送をした。それは皇室用語、神道用語によって見事につくにあげられた文章であり、それを読むアナウンサーの語調は、まるで今の北朝鮮のニュースのアナウンサーの語調のようであった。すなわち天皇のために戦死した人々であるから、天皇が参拝するというのが本来のあり方なのである。ですから遺族たちは、また過激なグループは、天皇の参拝を求めている。しかし今の時代にもし天皇が参拝したとすれば、これはおそらく全世界から非難を浴びるのではないか。でも戦後まもなくは天皇が参拝したことがあったと聞いている。これは定かではない。

« 浅間山 | Main | 新曲発表 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

靖国神社は放置しておいて、沖縄県の「平和の礎」の全国版を東京に建立すればいい。
沖縄県にできることが日本政府にできないはずはない。
そもそも敵味方の区別なく戦没者を慰霊するのは日本の伝統。

本当ですね。何故小泉首相は靖国に行くのか。頭からこの疑問が離れません。自民党のかなりの政治かも参拝に行ってます。
国民のために行っているわけではありませんね。国民は戦争は嫌だといっても、政治家が戦争大好きだとこれはどうしようもありません。250万人は赤紙で招集された人たちもいるのですか。昔も今も政治家は太平洋戦争が終わって60年も経つとまたぞろ、戦争したくてしょうがない。となるのでしょうか。国家のためという名目で。靖国神社で検索かけると、〒102-0073 東京都千代田区九段北 3-1-1
靖国神社内「英霊にこたえる会」があります。
これでは靖国神社が主催、主張しているのと同じです。
満州事変がどちらが侵攻したかは60年の歴史の中で、日本がと教わってきましたが、この英霊を読むと、全く違っています。これでは中国側が抗議するのも分かります。しかも靖国神社ないですから。
英霊を祭るのは必要かも知れません。しかし何故死んだのか、戦争を起こさないようにするにはどうしたらよいか。などはどこにも書れていません。国立追悼施設反対にほとんどの自民党議員の名前が載っているのですから、自民党も国民とかなり乖離しています。私も初めて靖国のホームページ見ました。かなり中国を悪人仕立しています。これではなか互いするだけで、両国の歩みよりは出来ないでしょう。自民党政治家諸君に、何故国立追悼施設に反対するか、聞いてみたいです。国が建立すべきでしょう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/2211095

Listed below are links to weblogs that reference 靖国神社:

» 過去のことを忘れることはできないワイ [noguさんのぼやき]
北海道にあった路線で、深名線 というのがあったのジャ。 深川〜幌加内〜名寄 121.8km - 1995年9月4日 廃止 内地の人には分からないかもしれないが、札幌から軍需物資を運ぶ重要な路線ということで整備された線路ジャ。 ソビエトからの驚異を考えて整備された軍事路線であるため、ものすごい突貫工事をしたわけジャ。 その工夫、人夫の多数は、韓国、北朝鮮、中国から日本軍が拉致してきたものジャ。 韓国で、普通に生活している人間をいきなり拉致して、深名線の現場のタコ部屋に連れ... [Read More]

« 浅間山 | Main | 新曲発表 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ