« イスラエルの歴史を読んでみよう 3 | Main | 災害のニュースの中で »

2004.12.24

クリスマス

みなさまクリスマスのお祝いを申し上げます。

世界中を見ると、クリスマスだからといって浮かれている場合ではないことは明らかですね。
でもクリスマスというのは、全世界の救い主の誕生をお祝いし喜ぶ日ですよ。
日本じゃ「クリスマス大売出し」とかなんとかと言って、商売繁盛の神さまかなんかのように思われているようですが、世界のまことの平和の神さまのことですよ。

天には、神さまに栄光があるように。
地には、神さまの御心にかなう人たちに、永遠の平和があるように。

これが聖書の語るメッセージですよ。
新しい年こそ、世界が本当の平和について考える年であるように願います。

« イスラエルの歴史を読んでみよう 3 | Main | 災害のニュースの中で »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/2361219

Listed below are links to weblogs that reference クリスマス:

» 世紀末のクリスマスであるが如く [TABASCO PEPPER]
天には、神さまに栄光があるように。地には、神さまの御心にかなう人たちに、永遠の平和があるように。徘徊老人-LOG真に平和な世界は、一体いつ... [Read More]

« イスラエルの歴史を読んでみよう 3 | Main | 災害のニュースの中で »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ