« NHKは戦争を支持するのですか | Main | 億単位の話し »

2005.02.18

イスラエルとパレスチナの和平

 イスラエルとパレスチナとが、2月8日の会談で和平への合意を成立させた。イスラエルのシャロン首相は、パレスチナのアラファト議長とは決して和平の会談はしないと言い続けてきたが、その喧嘩相手がいなくなって、アラファトの後継者として選ばれたのが、和平を積極的に進めようとするアッパス氏だったので、割合に早い時期に和平への合意ができたということ。このことは大きな成果だったと思う。

 しかし考えてみれば、2000年9月に始まった第二次インティファーダは、シャロン氏が強引にイスラムの聖地であるエルサレムの神殿領域に踏み込んだという事件をきっかけに始まったものである。シャロンさんは二度とこういうことはしないのでしょうね。

 今回、一応の合意は成立したが、どちらも相手が何もしないならばという条件付きの合意である。これはいつでも今回の合意を破ったのは相手側だと主張できる余地を残したということ。イスラエルの側には、さし当たっていかにしてガザ地区から撤収するかという問題と、パレスチナ過激派の逮捕者を、いつどのようにして返すのかという問題と、ヨルダン川西岸地区の分離壁をどうするのかという問題がある。一方パレスチナ側では、過激派のハマスはこの停戦合意を受け入れていないので、今後、ハマスがどのように主張を続けていくかが問題である。

 この土地は私たちクリスチャンにとっても聖地であるので、早く平和になって自由に聖地を旅することができるように願うものです。

« NHKは戦争を支持するのですか | Main | 億単位の話し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

徘徊老人ーLog様
トラックバックさせて頂いたhome-9と申します。
こちらのブログにも是非一度ご訪問下さい。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/2984067

Listed below are links to weblogs that reference イスラエルとパレスチナの和平:

» 中東和平交渉 [HOME★9(ほめく)]
かつて米国ブッシュ大統領は、イラク、イラン、リビア、北朝鮮を名指しで、ならず者国 [Read More]

« NHKは戦争を支持するのですか | Main | 億単位の話し »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ