« 億単位の話し | Main | 東京大空襲から60年 »

2005.03.05

UW500のトラブル

 以前にYAMAHAのUW500という「USB AUDIO/MIDI Interfase」のトラブルついて書きました。この機種でまたまた事件が起こったので書いておきます。あるいは同じようなトラブルに巻き込まれている方もあるかも知れませんね。
 私のコンピュータは自作のもの。息子が使っていたGIGABYTE-845GEに、これも同じく息子が使っていたCeleron1.7GHzを乗せて使っていました。ところが音楽ソフトがだんだんと大きくなるにつれて、1.7GHzは間に合わなくなって、CPUを2.4GHzに入れ替えました。ところがCPUを交換した結果、なにかするたびにコンピュータがフリーズするようになったのです。フリーズするのもブルースクリーンになって、なにやらメッセージが出て、コンピュータは自動的に回復の作業を始めるという具合になりました。特にコンピュータを終了するときにはほとんどこの症状が出ていました。
 MSにエラー報告をすると「ドライバーが悪い」したがって新しく入れたドライバーを点検しそのメーカーに交渉するようにとメッセージが帰ってきます。いままで使っていたものにCPUだけを取り替えたので、どのドライバーがぶつかっているのか、具体的に調べられませんでした。
 そこでこれはCPUに問題があるのではないかと言って、買ったお店に相談したら、いちどintelに相談して見たらいいといわれました。そこで問題のCPUをintelさんに送ったところが、一週間ほどで、新しいものと交換してきました。
 そこでまたまたCPU交換の作業をして、無事に動き出しました。これで快調と喜んでいましたが数日後に、コンピュータを終了する直前にYAMAHAのUW500の電源を切ったのです。そのとたんに以前のブルースクリーンが出現しました。そこでこれはUW500のドライバーに問題があるのではないかと気がついて、YAMAHAのホームページのUW500のドライバーに関するページを調べてみました。するといくつかのバージョンアップがあって、その説明の中に一箇所「電源を切るときには、コンピュータの電源を切ってから、UW500の電源をお切りください」と説明がありました。そこでこれはUW500のドライバーと、それについているASIOドライバーが原因なのではないかと思いました。それでこれらをアップグレードしてドライバーを最新のものに入れ替えて、すべての問題が解決しました。要するにMSのサポートが言っていたようにドライバーに問題があったのですね。

« 億単位の話し | Main | 東京大空襲から60年 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

通りすがりさん。ご指摘ありがとうございます。
おっしゃるとおりで私の誤記でした。
コンピュータの素人なので用語がなかなか頭に入りません。
訂正しておきました。

CPUが1.7GByteというのはあり得ないはずなので、
1.7GHzではありませんか?
同じく2.4GHzのように。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/3182219

Listed below are links to weblogs that reference UW500のトラブル:

« 億単位の話し | Main | 東京大空襲から60年 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ