« 将棋名人戦第1局 | Main | 将棋名人戦、羽生先勝 »

2005.04.13

中国で対日デモ

日本の国連安保理入りを中国が問題視している。
理由は日本の歴史認識が間違っているということ。要するに日本が中国を侵略したことに対して日本政府はいまだに反省をしていないということ。この主張は当たっていると思う。

日本は日章旗――「日の丸の旗」をこう呼んだのですよ――を掲げて中国、東南アジアへの侵略戦争を進めた。この日章旗を依然として、何の反省もせずに国旗でございますと言うところに、日本政府の、いや日本国民の無感覚さというものがあると私は思う。かつては侵略戦争の先頭に立てていたこの日章旗を、オリンピックで勝利するたびに掲げるということは、侵略された側にとっては不快感を感じるのは当然ではないか。

この日章旗を今では国旗だと称して、これに対する忠誠を誓うことを強要するという動きが、中国などの反感をかっているものと思う。しかもそのように過去の歴史を反省しようとしない国が、国連安保理に加わるのは問題だというのは当然ではないか。

日本という国は、今でも世界は日本を中心に動いていると思っているらしいですね。今は「平成の御世」だなどと言っているのは、日本だけじゃないですか。

« 将棋名人戦第1局 | Main | 将棋名人戦、羽生先勝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/3683163

Listed below are links to weblogs that reference 中国で対日デモ:

« 将棋名人戦第1局 | Main | 将棋名人戦、羽生先勝 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ