« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

在日米軍再編協議

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 南北アメリカ.

ライス国務長官は、これで日米の安全保障は万全だと言った。日本はいっそのことアメリカのひとつの州として加えてもらったらどうでしょうねぇ。
え! もう加わっているって?

モダンジャズはどこへ

 『東京大学のアルバート・アイラー』という本を読んだ。副題が「東大ジャズ講義録・歴史編」となっている。著者は実際にこの講義を担当した菊池成孔(なるよし)氏と大谷能生(のりお)氏のふたり。これは2004年4月から一年間、実際に東京大学駒場キャンパスの1313教室で行われたモダンジャズの盛衰についての講義の記録。
 400人くらい収容のこの教室は八割がたの入りだったらしいが、なんとその半数以上はもぐりの人たちだったとのこと。事前にこの講義のことを知っていたら私ももぐりで聞きに行っていたかもしれない。読後感は非常におもしろかったというもの。
 ふつうジャズの紹介文や批評文というものは、その執筆者の主観的な感情論だけで書かれているものがほとんど。この本を読むと、モダンジャズというものがどういう構造になっているのかを知ることができる。私も最近になってジャスの理論を学んだので、その辺のところは十分に納得しながら読むことができた。
 副題には「歴史編」とあるとおり、モダンジャズがどのようにして生み出されてきて、どのように崩壊していくのかが、とてもよくわかった。私も一時のビバップ熱に引きずられていたが、そこから新しい感覚のモダンジャズが誕生することによって、ほとんどこのモダンジャスに入り浸りになっていた。しかしその後、理論的にもテクニック的にも、おそらくこのモダンジャズというジャンルの音楽は行き詰まってしまったのではないかと思われる。私は一時はジャズから離れてクラシック音楽ばかりを聴いていたが、ここ10年くらいの間は、ふたたびジャズを聴くようになった。
 私の感じではそのブランクの間にモダンジャズは完全に様変わりしていたというものであった。それがどうしてなのか良くわからなかったが、この本を読んでやはりモダンジャズは崩壊してしまったのだと納得した。最近のジャズの演奏は、テクニックばかりが先行してしまっていて、かつての高度な音楽性というものがなくなってしまったように思う――きわめて主観的な感情論ではあるが。
 ジャズの側から言わせると、やるべきことは全部やってしまったという感じであり、聴衆の側から言わせると、あの高度な音楽性と、黒人性(?)が受け入れられなくなったからなのではないか。「東京ジャズ2005」というイベントがあった。このイベントをあとでテレビで放映されたのを見たが、確かにテクニックのものすごさというものはあるが、実はそれだけではないかと思える演奏ばかりであった。かつてのモダンジャズを開拓して行った人たちの演奏には、豊かな音楽性と、インプロヴィゼイションの緊張感とが、その中心にあったと思う。そういうものがなくなってしまった今のジャズは、下手をすると単なる騒音になってしまうのではないかと思う。

2005.10.29

沖縄普天間基地移転問題

 日本政府は結局は沖縄を見捨てたことにならないか。太平洋戦争末期に沖縄を犠牲として本土決戦を回避した。その後も米軍の基地として、安保条約上、沖縄県をほとんど米国に明け渡すという政策をとってきた。今回も同じように、沖縄県が県外へ移設を希望しているのをなんら省みないという態度をとったと見える。
 最初の日本側の提案のキャンプ・シュワブ沖合いという計画は、ジュゴンの生息地域で餌場でもあるということから、自然保護団体などからクレームがあった。これに対して在日米国大使館の公使の一人が、ジュゴンと人間の命とどっちが大事だと、奇妙な発言をした。
アメリカという国は、ジュゴンだろうとアメリカバイソンだろうと、人間の都合によって捨て去ってきたのではないか。アメリカ人にとっては自国の人間の命が大事なのであって、自然破壊などは意に介さない。したがって二酸化炭素の削減などにも消極的である。それだけでなくてイラク人とかパレスチナ人なども、彼らの目には入っていないのではないかと思える。ついでに日本人も。
 日本政府は、アメリカという大国に対して卑屈になっていて、その言いなりになっているのではないか。今回決定した辺野古沖計画は米側が日本の提案を受け入れたという形になった。この合意について大野防衛庁長官は記者会見で、「讃岐うどんの粘り腰」で勝ち取ったと言って、なにかにやけていたが、ちょっと気持ち悪かったのは私だけか。現実は粘り腰の勝利かもしれないが、結局はアメリカの主張が通ったということなのではないのか。これから移転に関して、施設の建設に関して、多くの要求が米側から突きつけられるのではないか。しかもそこに利権まで絡んで。

2005.10.28

新曲

しばらくぶりに新曲の発表です。

今回はバッハの曲を編曲しました。ピアノの入門に良く使われる「インベンションとシンフォニア」という曲集の中から「シンフォニア第一番」です。バッハの曲はどの曲もとても魅力的なものばかりです。私はDTDの初歩のころから、いろいろな曲を打ち込んで楽しんできました。

私のホームページのほうから聞くことが出来ます。

2005.10.27

竜王戦第一局

昨日、竜王戦の第一局が行われましたね。

木村一基七段の挑戦で、渡辺明竜王にとっては初防衛戦でした。しかし渡辺竜王は強かったですね。途中は木村七段のほうが有利かと思っていましたが、渡辺竜王の攻めが厳しかったですよね。

ずっとWeb上で観戦していましたが、NHKが放送していたのですね。見ればよかった。でも放送中には一手しか進まなかったそうですね。

まあ、とりあえずは挑戦者を応援していますが……。

« September 2005 | Main | November 2005 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ