« 日本海側大雪 | Main | 新年早々のトラブル »

2005.12.23

クリスマスのことば

「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように」(ルカの福音書2章14節・新改訳聖書)

 このことばはイエス・キリストの誕生のときに、羊飼いたちに語られた天からの啓示です。
 イエス・キリストはおよそ2千年まえに、いまのパレスチナ人の土地にあるベツレヘムという町で生まれたと、聖書は証言しています。そのときベツレヘムの町の近くで夜、羊の番をしている羊飼いたちに、突然に天使が現れます。そして神さまの光が周りを照らしたと言われています。この神さまの光が夜空いっぱいに輝いたのか、それとも天使のところだけが、ぼおっと明るくなったのか、どちらなのかははっきりしません。でも普通、イエス・キリストを信じる人たちは、夜空いっぱいに、平和の神さまの光が輝いたのではないかと考えます。
 そしてその光の中から、天使の歌声が聞こえます。そのことばが上にあげたものです。このことばの中心は「地の上に平和があるように」というところだと思います。昔からアラブ人とユダヤ人という対立があって、争いが繰り返されてきた所に、平和を実現するという大きな使命を持ってイエス・キリストは天から遣わされて来ました。

 人間の歴史の中で、常に人々は平和を願ってきました。ところが平和を願う結果、争いとなり戦争となってしまいます。小泉首相も靖国神社で平和の祈願をするのだと言いながら、米国の尻馬に乗っかって、アジアで軍事緊張を高める政策を取っています。ほんとうの平和というものは、軍事力の強化によってもたらされるものではなく、軍事力を放棄することによって実現するのではないでしょうか。
 この年も世界中に国際的な緊張感が高まるという歴史を刻みました。このような流れの中で、聖書が語り続けてきた「クリスマスのことば」に、真剣に耳を傾けたいと思います。

« 日本海側大雪 | Main | 新年早々のトラブル »

「聖書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/7789036

Listed below are links to weblogs that reference クリスマスのことば:

« 日本海側大雪 | Main | 新年早々のトラブル »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ