« 桃の並木道 | Main | 噴煙を上げる浅間山 »

2006.05.04

蛙の声は慰めになるのか

P5040024
私の住んでいるところでは、この連休になってようやく田んぼに水が張られ、田植えの準備が始まりました。
今日は暖かくなってストーブも必要なくなりました。

田んぼに水が張られると、すぐに、蛙の合唱が始まります。私が蛙の声がやかましいと言うと、家内は蛙の声がやかましいなんて、とんでもないことを言う人だと言います。蛙の声というのは、一定のリズムと音程で延々と繰り返すじゃないですか。そこには何の変化もないのです。何の変化もなくて一定の音が延々となり続けるというのは、まさに騒音以外のものではないですよね。モーツァルトだって、和音は三つくらいしか使っていなくても、見事な音楽を作り出していますよね。蛙の国でも、今年はモーツァルト生誕250年なのですから、少しは研究してみたらどうでしょうね。
都会人にとっては田舎は何かと住みにくいものですね。

« 桃の並木道 | Main | 噴煙を上げる浅間山 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/9894790

Listed below are links to weblogs that reference 蛙の声は慰めになるのか:

« 桃の並木道 | Main | 噴煙を上げる浅間山 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ