« テレビケーブルの整理作業 | Main | 蛙の声は慰めになるのか »

2006.05.04

桃の並木道

Vfmi0008
 昨日は近くの余里という部落にある桃の並木を見に行った。ほぼ4キロにわたって桃が植えられており、今日あたりが満開だという話を聞いたので、家内と二人で出かけてみた。この近隣では有名なところで、山間の部落ではあるが、大勢の見物客が来るという。
 実はあいにく満開ではなくて、まだ五分咲きというところか。それでも多くの見物客が来ていて、にぎわっていた。この写真は、その並木の一本ではなくて、その並木通りの反対側の斜面にある一軒の農家の庭にあるもの。この家の桃はまさに満開で、見事であった。
 この家の奥さんは愛想のいい人で、芽を出したばかりの桃の若木を来客に振舞っていた。私の家内も数本を掘り出していただいてきた。家内は喜んでもらってきたが、さてこの木が大きくなって、花を咲かせるころまで本人は生きているだろうか。

« テレビケーブルの整理作業 | Main | 蛙の声は慰めになるのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/9894467

Listed below are links to weblogs that reference 桃の並木道:

« テレビケーブルの整理作業 | Main | 蛙の声は慰めになるのか »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ