« August 2006 | Main | October 2006 »

2006.09.23

無題

Photo
ああ、びっくりした。
「ご自由にお持ちください」といっても、これをひっかついで行くのには、ちょっと重そう!
私の住まいの近くのスーパーで撮りました。

持って行くのはいいけど、「中身はおいていって」と言われそう。

「食べられません」と言われても、こりゃちょっと硬そう。

牛丼の大騒ぎ

P9220009
私の住まいのところは、早くも秋です。稲もごらんの通り実って刈入れを待つばかりです。この写真を撮ったのは昨日ですが、今日は稲刈りをやっていました。

吉○家の牛丼の大騒ぎは何でしょうね。
このような大騒ぎをテレビで見るたびに、BSEの牛肉を食べるとどうなるんだろうと考えてしまう。いのちに関わるのでしょうかね。アメリカの人たちはみんな、なんかの病気になっているんでしょうかね。

2006.09.19

大江健三郎を読む

 7月の10日間の入院のときに、大江健三郎の新作『さようなら、私の本よ!』というのを持っていって、ちょうど入院期間中に読み終わった。これはおもしろかった。この作品は『取替え子』『憂い顔の童子』と続く三部作の最後の作品と言われている。必ずしも内容的につながっているわけではないが……。
 『さようなら、私の本よ!』は前作『憂い顔の童子』の話が終わったところからスタートする。『憂い顔の童子』は例によっていつもの四国の山の中での物語の展開だが、この『さようなら、私の本よ!』は軽井沢の別荘という自然環境の中で物語が展開する。前作ではアメリカから来た研究者によって大江作品の分析がなされるが、今回は幼馴染の椿繁という人物によって、大江作品だけでなく、作家自身の人生観まで、批判や反省がなされていくという内容。
 大江健三郎の作品の魅力の一つは、その人物の精密な描き方にあると思う。物語そのものは虚構であるが、その虚構の物語世界の中に、登場人物が実にリアリティをもって描かれるのである。そのために物語のほうも現実性があるのではないかと受け取られているらしい。この作品でも椿繁と作家との間で、大江作品についての批判的検討がなされたりするが、その内容は、どの作品を読んでも同じであるが、内容的にはかなり複雑で私にはうまく説明ができない。大江作品を読む魅力は、この複雑さにもあるのではないかと思う。物語そのものは椿繁によって過激な計画が進められるが、それが思わぬ結末を迎えるというもの。

2006.09.10

レバノン戦争の勝者は?

レバノン戦争は一応終わったようですね。
でも大量の軍事費を使って、大量の爆弾を投下したイスラエルは、結局は何も効果的な戦果を収めることはできなかったのではないでしょうか。
ヒズボラは直ちに被害を受けた人々に具体的な援助を始めたようですし、その対応の素早さは見事としか言いようがなかったですね。しかもイスラエルではオルメルト首相は、責任を取って辞任すべきだという世論が高まっているという。
そのほかのニュースを見てもほとんどは、イスラエル(とアメリカの連合軍?)の敗北と見ているようです。しかもイスラエルはレバノン国内に、大量の不発弾や地雷を残してきたとも言われています。
結局は、繰り返し言われることだけれども、大きな軍事力で相手を押さえ込もうとしても、ほとんど効果はないことが、今回も実証されたのではないでしょうか。ヒズボラにしても、パレスチナのハマスにしても、人々の日常の必要に効果的に応えているらしい。むしろこのほうが、より効果的なのではないかと思わされます。

皇孫殿下誕生

皇孫殿下誕生のニュースは世界中から注目されていましたね。
でも、大騒ぎすればするほど、雅子さまにはプレッシャーなのではないでしょうか。

私たち庶民のあかんぼうは、「おぎゃー」と泣くのですが、皇孫殿下ともなると「おぎゃー」とおっしゃるのだそうですね(愛育病院院長談)。

2006.09.06

早くも秋です

P8180026
更新を怠けているうちに一ヶ月が過ぎてしまいました。
先週末から今週はじめにかけて、東京に行ってきました。日曜日には教会での説教、月曜日には私たちの教会が所属する「○○教会連合」というグループの規約を検討する規約委員会に出席してきました。
東京はまだまだ暑かったですね。私の住まいのあるところは、早くも秋です。東京ではまだまだクーラーががんばっているようですが、こちらでは自然クーラーがよく効くようになって、夜は寒いくらいです。
緑もやや精彩を失い始めています。同時に朝から虫の声がしきりです。私はなんと言う虫か、なんと言う名前の鳥かがよくわからないのですが、家内は「虫の声や鳥の声で朝起き出でるなどというのは、まるで天国のよう」などといっています。でも家内も虫さんや鳥さんの名前までは、よく知らないようです(^^♪

« August 2006 | Main | October 2006 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ