« 大江健三郎の『懐かしい年への手紙』 | Main | 軽井沢タリアセン »

2006.10.21

核を持ちたがる人

 自民党の中川政調会長が、北朝鮮の金正日総書記は、糖尿病だから日本に向かって核攻撃をすることを考えるかもしれないと、何かよくわからないようなことを、静岡県浜松市での講演会で発言した。そして北朝鮮から攻められないように、日本も核を持つことを議論しなければならないとも発言した。このニュースはどの新聞でも取り上げられている。
 糖尿病だから日本への核攻撃を考える、というのもおかしな考えではなかろうか。糖尿病の人は攻撃的になるのだろうか。あるいは糖尿病の人は核を持ちたがるのだろうか。とすれば中川氏自身も糖尿病なのか。糖尿病の人は結束して立ち上がって、中川氏の発言にクレームをつける方がいいのではないか。

 ミサイル発射の時もそうだけど、核実験をしたというだけで、北朝鮮が日本への攻撃を準備していると判断するのはどんなものでしょうかね。北朝鮮のこれまでの動きを見ていると、日本を真剣に相手にしていないようですね。彼らの相手はアメリカですね。日本に対しては拉致問題にしても適当にあしらっているという感じで、真剣に日本と戦いを交えようとは考えていないのではないか。日本の政治家たちが、なにか偉そうに発言して、それでいかにも日米安全保障に、我が国は大きく貢献していると見せようとしているのではないか。今の日本の政治家たちは、もっとほかに真剣に考えて実行しなければならない課題が山ほどあるのではないか。
 しかも核を保有することが核抑止力になるなどという議論まで、国の首脳陣から出てくるということは、核爆弾によって大きな被害を受けた一般市民に対して、無責任すぎる発言ではないか。

« 大江健三郎の『懐かしい年への手紙』 | Main | 軽井沢タリアセン »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 核を持ちたがる人:

« 大江健三郎の『懐かしい年への手紙』 | Main | 軽井沢タリアセン »

May 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ