« April 2007 | Main | June 2007 »

2007.05.15

『アラビアのローレンス』平凡社ライブラリー

 平凡社ライブラリーのロバート・グレーヴズ著『アラビアのローレンス』を読んだ。これはかつて平凡社の東洋文庫にはいっていたものが、2000年3月に「平凡社ライブリー」版として新しく文庫版になって出されたもの。数年前に買っておいたもの。
 映画の『アラビアのローレンス』がとてもすばらしかったので、映画の原作となっていたこの東洋文庫を読んでみたいと思っていた。それが文庫版として出されたので買ったものだ。映画もすばらしかったが、このグレーヴズの本もすばらしかった。映画も最後のダマスコ占領と入場の大混乱が、実に見応えがあったが、この本も同じく圧倒的な迫力である。原作がこのように魅力のあるものだったので、映画もすばらしいできばえになったのであろう。

 1900年代の初めの第一次世界大戦の時の状況は、こんなだったのかという感じ。すなわち今のように通信網は進んでいないし、全体の状況を把握するためにも、いまでは考えられないほど必要な情報はすくなかった。それにもかかわらず、砂漠の中で戦いが展開され、多くの兵士が殺戮されることを考えると、戦争の愚かさ、覇権争いの愚かさを痛切に感じさせられる。では現代の戦争がもう少しましになったかというと、それが大規模になったくらいで、愚かさの本質はいっこうに変わりがない。
 今イラクの問題で、アラブの部族主義と、西欧の近代的自由主義とが対立している。この問題の解決にはアラブの部族主義を理解し、それを建て支援するということがいいのではないかと、この本を読みながら考えさせられた。

 読み応えのある内容であったが、翻訳の日本語が難しかった。原文が難しいのかどうかはわからないが、しばしば立ち止まって、数行戻って読み返し、それでも意味不明のところがあった。翻訳の文体が私の思考方法とは異なっているので、ついて行くのに苦労させられたのだが……。

2007.05.12

『読書という体験』岩波文庫

 この岩波文庫は「34人の多彩な筆者による、多様な読書体験記」という宣伝文に惹かれて読んでしまった。その宣伝文には筆者の一人の香山リカ氏のことばが引用されていた。すなわち「熱い気持ちで読んだ本で体験したことの方が、実際に経験したことより今日の私にとって何倍も大切な思い出になっているのだ」というもの。読書体験というものはまさにその通りなのだと説得されたのである。
 選ばれている34人の筆者は、いずれもいわば本読みの達人といえる人たちである。その年齢も1917年生まれから1977年生まれの人まで、およそ60年の隔たりがある。しかしどの筆者も十代の年齢で本を読むことの魔力を経験している。

 私はあまり人の体験談などというジャンルの文書は好きではないので、この本も最初はそんなに身を入れて読んだわけではなかった。しかし読むうちにそれぞれの筆者の読書という不思議な世界の「体験談」に魅せられていった。「へ~、この人はこんな読み方をしたんだ」というようにして、次々と読み進めて、ある種の感動をもって読了した。

 私は十代にはほとんど本を読まなかった。私の父親の蔵書の中には『明治大正文学全集』というものと『世界文学全集』というものがあった。私はその並んでいる本の背表紙をいつも眺めていた。でもそれを読もうとは思わなかった。そういうものは子どもが読む本ではないと思っていたのだった。父親はよくその中の一冊を読んでいたのをおぼえている。父親が一言「読んでみたら」とでも言ってくれたら、私も読んでいたかもしれない。
 私が文書というものを読むようになったのは二十歳代になってからで、それも映画雑誌だった。その中に書かれていた映画批評を読むことによって、だんだんと哲学的なものを読むようになった。その当時は亀井勝一郎とか小林秀雄などをよく読んでいた。それからカントの哲学書を自分でこつこつと読み、同時にヴィンデルバントの創元文庫にはいっていた『西洋近世哲学史』なるものを読破してしまった。
 その辺から私は人生につまずいてしまって、大げさに言えば死の淵をさまようということになった。その暗闇の中で出会ったのはキルケゴールだった。その最初の印象は、ここには何か光があるというものだった。キルケゴールの著作集を読み進めることによって、イエス・キリストに出会いキリスト者となった。私が本格的に本を読み、その読書という魔力にとりつかれたのは、三十歳代半ばにしてキリスト者になってからである。

 キリスト者になり、キリスト教会の牧師になって、牧師という職業上の必要から多様な本を読むようになった。「世界」という雑誌を中心にして、社会学、心理学(精神分析学)、哲学などなど。また当然、文学作品も少しずつ読んできた。今、牧師という職業の現役を少し離れた形になっているので本を読む時間をとることができるようになった。そこで大きな文学作品も読めるようになった。新たな読書体験の世界を楽しんでいる。

 読書の体験というものは不思議な世界である。それにしてもこの本を読み進むうちに、人間の一生というものはなんと短いものだろうかと思った。夢中で本を読み、その経験によって自分の中に自分の世界観を作り上げるのは、十代の仕事なのだろう。大量に出版されている書籍に比べると、それを読む人生の時間というものはまことに短いものだと思う。

2007.05.11

若葉の季節

P5110001b   今、木々の若芽が美しい。

木によって色が違う。そして毎日、若芽が伸びていくので、色彩も形も変化する。

その若芽に太陽のきらきらした光線が当たると、見事に輝く。特に朝の光の中に輝く緑は実に見事。その美しい姿は太陽が昇って行くに従って、時々刻々とその姿と色彩とを変えていく。

印象派の画家たちは、まさにこの輝きに心を奪われ、その輝きの魔性に命までも奪われてしまったのではないか。

« April 2007 | Main | June 2007 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ