« 楽譜の風景 | Main | 『読書という体験』岩波文庫 »

2007.05.11

若葉の季節

P5110001b   今、木々の若芽が美しい。

木によって色が違う。そして毎日、若芽が伸びていくので、色彩も形も変化する。

その若芽に太陽のきらきらした光線が当たると、見事に輝く。特に朝の光の中に輝く緑は実に見事。その美しい姿は太陽が昇って行くに従って、時々刻々とその姿と色彩とを変えていく。

印象派の画家たちは、まさにこの輝きに心を奪われ、その輝きの魔性に命までも奪われてしまったのではないか。

« 楽譜の風景 | Main | 『読書という体験』岩波文庫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/15032962

Listed below are links to weblogs that reference 若葉の季節:

« 楽譜の風景 | Main | 『読書という体験』岩波文庫 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ