« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.06.28

カフカの『審判』

 カフカを読む。『城』に続いて短編集『流刑地にて』(白水社)を読み、『審判』を読んだ。

 カフカの作品は物事を説明すればするほど迷路に入り込んでしまうというもの。しかしこの文章は非常に魅力がある。
 ありそうもない説明、問題の中心をとりまく周縁地域をひたすらぐるぐると回り続ける。そうして問題の本質は、いつまでたっても明らかにならない。読んでいる方はつねにはぐらかされてしまうようで非常に不安になる。それがカフカの狙いか。
 しかしその迷路のような文章を、ひたすら読んでいくと、なにか説明はできないような感じではあるが、ある種の感動がある。不思議な文章である。こうしてカフカ独特の宇宙が作り上げられていく。

 文章というものは不思議なものである。ありもしないことを、本当にあるかのように書くことによって、そのありもしないような状況が、読む者の眼前に確かに存在するかのように見えてくる。この不思議さにカフカを読む魅力があるのではないだろうか。

 これらを読み終わって、次に何を読むかを決めるとき、なにかとにかく読み応えのある作品を読みたいと思う。メルビルの『白鯨――モビー・ディック』も読み応えが十分だったが、カフカの作品の前には、それもなにか色あせて見えるから不思議である。カフカ以上に読み応えのある作品は何だろう。

2007.06.21

ヒメハルゼミ

 blogの更新をしないまま一月以上も過ぎてしまった。
 その間に季節はすっかり夏模様。新緑の季節も過ぎて、山は緑一色。あたり一面緑の中にいると息が詰まりそうになる。

 このところ朝から何かの虫の鳴く声がやかましい。山裾の森の中から聞こえてくる。
 はじめは何の音かよくわからなかったが、よく聴いてみると何かの虫の声である。蛙の声かと思ったが、蛙が朝から鳴くはずもないし、蛙ならば田んぼから聞こえるのであって森の中から聞こえるはずはない。
 二、三日わからなかったが、これは蝉の声ではないかと気がついた。それも「ハルゼミ」という種類のものではないかと思った。そこでWikipediaで調べてみると「ヒメハルゼミ」という種類らしいことがわかった。次のように説明されている。
 「体長23-28mm。西日本の照葉樹林に分布する。オスは「ギーオ、ギーオ…」と鳴き、集団で一斉に鳴く習性がある」。
 鳴き方の表現は少し違うようであるが、「集団で一斉に鳴く習性がある」ということがまさにぴったり。

 一度、森の中に入っていってみたが、その姿は発見できなかった。そこで写真はこのblogを紹介しておくことにしよう。

« May 2007 | Main | July 2007 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ