« 朝青龍バッシング | Main | 『白鯨』再読 »

2007.08.31

お出かけの場所

 私が住んでいる地方都市にある「ジャスコ」に遊びに行った。もちろんそこは遊ぶ場所ではなくて「スーパーマーケット」なのである。でも私にはいつも「遊びに行く」という感覚でこの店に行く。
 そこの二階に"Picnic Court"という場所がある。そこで昼食を食べた。帰ってきてから、この"Picnic Court"というのはどういう意味があるのかを調べた。だいたいの意味はわかっていたのだが、それを確認しておもしろいことを発見した。
 私の持ってている英和辞書では"Picnic"は「ピクニック」という意味しか書いていない。そこで"Webster"の英語の辞書を調べた。それによると"Picnic"というのは「野外での食事つきの楽しいおでかけ」というような意味がつけてあった。そこでこのジャスコの二階の広場に「ピクニック」という名前をつけたのもうなずける。
 もう一つの"Court"であるが、私の英和辞書によれば、「天窓のある区画」とある。これもまたなるほどと感心した。ただしここは二階であって、その上には屋上駐車場があるので「天窓がある」という具合にはなっていない。天窓はないけれども、そこはまさに天窓のある区画であり、野外ではないけれども、やっぱり「野外での……おでかけ」の場所なのである。

 このお店は、まさに「スーパーマーケット」である。私の子どもころには、おでかけをして外で食事をするという場合には必ず「デパート」に行ったものである。だから私はデパートという場所は、お出かけ用の正装をして行く場所という印象があった。そこはいわゆる「ハレ」の場所だった。この印象は戦後になって、おとなになってもついて回っていた。結婚して子どもが生まれて、東京の西の端にある町に移住してから、子どもを乳母車に乗せて、町に買い物に出たついでにデパートに立ち寄るという行為には、ずいぶん違和感があったものである。

 三越と伊勢丹が経営統合をしたというニュースが、最近の大きなニュースの一つであった。この初夏に東京に出たときに、日本橋に立ち寄って、三越の本店を見てきた。そこでびっくりしたのは、かつては大勢の人で賑わっており、消費生活の王宮のようだった店が、今ではすっかり人が行かなくなってしまったのだということ。大きな立派なビルで太い柱が店内にそびえており、大きなショーウインドウが並んでいて、店内はひっそりとした感じだった。池袋に西武デパートが開店したときには、これがデパートなのかと感心したものである。
 今のスーパーマーケットは、商品の並べ方も、平面に並べるよりも、何とかして上に向かって並べようという工夫がある。「ドンキホーテ」などは、天井までやたらと積み上げるという並べ方である。その間の客が移動するスペースも、最低限に絞られており、したがって少しの客の入りでも、なんとなく押し合いへし合いしているように感じる。そのようにしていわば新しい「ハレ」の場所を作り出していると言える。

 今の時代はもはや、かつてのデパートというイメージはなくなってしまった。秋葉原に出現した「ヨドバシカメラ」などは、まさにその典型である。人が押すな押すなと押しかけているという風景は、まさに圧巻である。地方都市に住んでいると、政治家やマスコミが好んで「地方の活性化」という話をするが、そういう話題は机上の空論としか思えない。要するに都市と地方ではこの「人出」が格段に違うのである。

« 朝青龍バッシング | Main | 『白鯨』再読 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/16298680

Listed below are links to weblogs that reference お出かけの場所:

« 朝青龍バッシング | Main | 『白鯨』再読 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ