« カフカの『変身』を読む | Main | 新年になったが »

2007.12.20

『駱駝祥子』新潮文庫

 『駱駝祥子』(ろーとしゃんず)は中国の作家・老舎の作品。新潮文庫で読んだ。
 この本は昭和27(1952)年9月の発行である。どのようないきさつでこの作品を読んだのかは忘れてしまった。しかしその印象は強烈であった。その故に私は、文庫本のたぐいはまとまると古本屋に売ってしまうのだが、この本だけは処分することなく、いつも私の書棚に残っていた。もう一度読みたいと思ってきた。
 これを最初に読んだのは発行年から言って、私がすでに30歳を少し超した頃に読んだものと思われる。定価130円と書いてある。すでに全体に黄ばんでいて、いまにもぼろぼろになりそう。文体も古風であり、使われている漢字も旧字体であり、拗音、吃音なども小さい活字ではなくふつうに印刷されている。今回再読してその物語のおもしろさには十分に堪能した。
 物語は祥子という田舎出の青年が、北京に出てきて車引き、すなわち人力車夫となって、いろいろな経験をするというもの。この作品は1937年に発表されたというので、時代は日本の昭和時代の初期である。
 祥子は恵まれた肉体ときまじめな性格によって、大きな希望に燃えて、誰にも負けない車夫として、その働きを始める。しかし次々と襲ってくる不運のために、ついにはすべてに失望して、人生の落伍者になってしまうという物語。次から次へと襲ってくる不運に、読者は圧倒されてしまいそうになる。でもそれが何か言うに言われぬ滑稽さを伴って描かれている。でもとても笑っているような話しではない。それ故に物語に引き込まれていく。老舎の作品の特徴なのだと思う。
 私は寝ながら読書が出来る「書見機」というものを使って、寝る前の15分か20分くらいの短い時間を読書に当てている。この物語のおもしろさは、その続きを読むのが楽しみで、待ち遠しいような感じで昼間の時間を過ごしてしまう。そしてまた続きを期待しながら読んでいた。カフカやメルビルの作品などを読んで、次にこれと同等の読み応えのあるものを読みたいと思っていたが、この作品はカフカやメルビルの作品に劣らず読み応えのあるものであった。
 良い作品を読むということは、何にもまして至福の時である。

« カフカの『変身』を読む | Main | 新年になったが »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/17426579

Listed below are links to weblogs that reference 『駱駝祥子』新潮文庫:

« カフカの『変身』を読む | Main | 新年になったが »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ