« ケニア:暴動終息せず…報復合戦の様相 - 毎日jp(毎日新聞) | Main | 米大統領選:予備選 クリントン氏勝利を発表 »

2008.01.31

ジョン・スタインベックの『エデンの東』

 昨日ジョン・スタインベックの『エデンの東』(ハヤカワ文庫版)を読み終わった。二度目の読了だった。いろいろ批評はあるけれどもすばらしい作品だったと思う。スタインベックの作品の魅力は、その物語の構成のすばらしさにあると思う。この『エデンの東』も物語に豊かさと深みとがある。毎晩寝る前に少しずつ読んできたが、毎日次の物語を読むのが楽しみになるほどだった。
 物語の中心はアダム・トラスクという男の家族の歴史である。そして彼の双子の男の子アロンとカレブ――通称「キャル」――の物語である。その物語の中心人物の名前を見ても分かるとおり、この物語は聖書の重要なメッセージを語っている。
 この家族の他に多くの登場人物があるが、その中でもアダムが尊敬するサミュエル・ハミルトン、そしてアダムの家の召使い、中国人のリーが重要な人物として描かれる。 この二人が物語の中頃で長い議論をする。それは創世記4章7節の最後のことば「ティムシェル」の解釈についてである。
 創世記4章はこのように語っている。アベルを殺したカインに対して神が「罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである」と言われる。この最後の「治めるべきである」と訳されたことばが「ティムシェル」というヘブル語である。このことばはどう解釈して、どう表現するかについて、昔から議論のあるところである。新改訳聖書は上のように訳したが、新共同訳聖書では「支配せねばならない」と訳している。
 「支配せねばならない」という訳には、罪を自分で支配する責任があるのだという解釈であろう。あるいはやむを得ず、支配しなければならないという状況になる、というもの。「治めるべきである」という場合には、責任があると同時に、「治める」というかなり積極的な動機が考えられているのではないか。
 聖書の中心的な教えは、人間は自らの罪を、あるいは悪を、自分で治めなければならない。すなわち処理しなければならない。それは自分の責任であると同時に、それを自分で意図的に処理するところに、人間としてのほんとうの存在があるというもの。そしてそれは神のことばに聞くということによって成立する。
 二人の議論は、結局「治めるべきである」という結論で同意する。これはもちろんスタインベックの考えである。そしてこの「エデンの東」という作品のテーマは、このことにあると言うことができる。
 リーはことあるごとにアダム家の双子、特に父親の愛情を求めて苦悩するキャルに対して、繰り返し、恐れることなく正直に言いなさいと忠告する。キャルは心の中の屈折した思いに悩む。そのたびにリーは、その悩みを正直に言葉で言い表すようにと忠告していく。ここには自分の悩みに正直に直面するように、人間にはそのような責任があるという思いが反映されていると言える。そして同時に人間というものは、すべての時に、そのようにすべきなのだというスタインベックの思いがあるのだと言える。スタインベックはこの作品を通して、このような思想を読者に語っているのだと思う。
 最後に愛する息子のアロンの死を知ったアダムは、そのショックで重い脳梗塞を発症する。その病床で父アダムと、息子のキャルの和解が、リーの説得によってなされる。リーがアダムに、一人だけ残った「息子の名前を呼んでください」と懇願する。それに促されてアダムの唇から漏れたことばは「ティムシェル」ということばだった。

« ケニア:暴動終息せず…報復合戦の様相 - 毎日jp(毎日新聞) | Main | 米大統領選:予備選 クリントン氏勝利を発表 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

私も遅ればせながら「エデンの東」を読みました。
素晴らしい小説でしたね。
立派な文章ですので、随分見識をお持ちだと思います。
私もこの小説を味わい直しているところですので、失礼と思いましたが、コメントを致します。

「ティムシェル」とは、リー家長老のたどり着いた結論では「能う」でしたので、「そのようにできる」と解釈していたと思います。
旧約聖書創世記4章7節の引用でしたが、
「カインの贈り物」を拒んだ神に対するカインの葛藤の行き場として、アベルに八つ当たりする様な神への抗議に向かうのか、
又は、神とカインにしか解らないカインの心の奥に有った「カインの贈り物」に欠けたものを発見する事に向かうのかのどちらかの選択の自由が有り、
神はカインに後者を選んでほしかったので、この言葉を愛を持って語ったと思います。

尚、小説の最後の箇所で、キャルが、父アダムへアロンに犯した心無い行動を告白した時、父アダムが「ティムシェル」と返答して物語が終わりましたが、非常に深い言葉ですね。
正しいという意味で、完全な人はいない事を知っていた父アダムにとって、息子キャルに愛を持って旧約聖書創世記4章7節に出てくる「ティムシェル」を語ったことは、息子キャルを赦す事以上に大事なはなむけの言葉になったこと思います。

y.y.

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/17911270

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・スタインベックの『エデンの東』:

« ケニア:暴動終息せず…報復合戦の様相 - 毎日jp(毎日新聞) | Main | 米大統領選:予備選 クリントン氏勝利を発表 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ