« 秋葉原の事件 | Main | キルケゴールの『現代の批判』 »

2008.06.28

畑への配水工事

  工事と言うほどのものではないが、家内が畑の作物に水やりが大変なので、隣の家が設置しているような配水設備が欲しいと言い出した。この土地では田んぼや畑に水を引くために道路に側溝のような水路が設置してある。我が家の場所はその集落のいちばん上流に当たるので、二本の水路が通っているだけだが、下の方に行くとそこから何本にも枝分かれしているらしい。今は田んぼに水が必要な時期なので、かなり大量の水が流れている。

 この水路に、内径5センチほどの硬質ゴム製のパイプを突っ込んで水を引く。その水がどうして側溝の縁を乗越えて、さらに宅地の少し高くなっているところを乗越えるのか考えもつかなかったが、隣の家の人に教えてもらった。要するに、水を引く場合に一番高くなっているのと、同じくらいの高さのところまで、そのパイプを水中に突っ込んでいくのだ。そうすると水は高いところから低いところに流れるのだから、一見、高くなっているところを乗越えるように見えるけれども、実はパイプの取り入れ口が高いところまで到達しているので、水がパイプの中を流れてくるというわけである。
 水路の途中には何か所にも、水路の高さの半分くらいの板が挿入されていてダムのようになっている。そういうところからは別の水路が作られていて、ダムのようにたまった水を水路わきの田んぼや畑や宅地の庭に引き入れている。それと同じ原理を、太いパイプを水路の中に挿入することによって実現しているというわけ。水路に挿入するパイプの部分は数メートルから、5メートル近くにもなる。しかしそれだけの長さで間に合うということは、水路がかなりの傾斜を持っているということも示している。そこを流れる水は、かなりの早さであり、おとなであっても流されるくらいの水圧がある。

 ところがこの硬質ゴム製の太いパイプが、長さが足りないのでホームセンターのようなところで買おうと思って、いくつかの店を捜し歩いたが、どこにも売っていなかった。水道屋さんが使うパイプではないかという情報を得たので、市の地区センターの水道課で聞いてみた。すると以前はこのようなものを使っていたが、いまはもっと肉厚の太いものを使っているということだった。
 それでも農協が扱っているかもしれないという情報をもらって、農協に行ってみた。しかしそこの職員も、そのようなタイプのものは見たことがないという。そこで想像だが、我が家の近所の農家ではどこでも同じようなものを使っているようなので、かなり以前には農協などが扱っていたものなのだろうが、最近はそのようなものの必要はなくなったので、扱わなくなったのではないか。でもけっこう役に立ちそうな道具なので、扱ってもよさそうなのにとも思った。それにかわるものを探したが、同じようなものは見つけることが出来なかった。本格的に広い畑に水を送るのには、自然水流を使うのではなくて、小型のポンプを使う。 
 いちばんそれに近いものでは、塩ビパイプというものがあるが、これはフレキシブルではない。適当な曲げが必要なのだ。それに塩ビパイプは軽いので、ここいらの水路の水圧ではとばされてしまいそうだ。結局、取り入れ口には実家の方に古くからあった5センチのパイプを挿入して、これに何かをつなげようということになった。
 家内の困っている様子に同情した人が、内径4センチほどの同様のパイプを持ってきてくれた。長さは10メートルほどもあるが、これでは目的の畑まではとても届かない。これと実家の方に以前からあった太い方のパイプをつなぐのだが、太いパイプから細いパイプにつなぐときには、そのつなぎ目から水が漏れてしまってそこから先にはほとんど流れていかない。そこで細い方のパイプにビニールテープを巻き付けて太さを出して太い方のパイプに押し込んだ。すると水漏れを留めることができた。その先は結局は塩ビパイプを使うより他にはなさそうなので、2メートルの塩ビパイプと、そのジョイントを買ってきて配水施設を完了した。
 水の取り入れ口も、道路脇の水路本線からではなく、そこから自宅に引き込んである水路から取ることにした。この自宅内の水路は、水路本線から引き込んですぐに1メートルほどの段差があって滝のようにこしらえてある。その滝と水路本線との間の側溝に、太い方の硬質ゴムのパイプを挿入すると、ちょうど具合良く水を取り入れることが出来る。しかしどうしても途中で高低の差があって、上り坂を回避できないので、思ったようには水が流れないらしい。もう少し工夫が必要かも知れない。

« 秋葉原の事件 | Main | キルケゴールの『現代の批判』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/41669970

Listed below are links to weblogs that reference 畑への配水工事:

« 秋葉原の事件 | Main | キルケゴールの『現代の批判』 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ