« 『ハーディ短編集』(新潮文庫) | Main | 自民党総裁選 »

2008.09.02

福田総理辞職

 昨夜、9時半少し前、家内が「総理、辞職だってよ!」と叫んで私の部屋にやってきた。私はおもわず「あ、そう」と言ってしまった。

 先日の内閣改造で、麻生太郎氏に自民党幹事長を任命した時から話はついていたのではないか。麻生氏が引き受けるにしても、そうでないにしても、衆議員総辞職と総選挙ということになるのではないか。今回も解散の時には「バンザイ」を叫ぶのだろうか。
 自民党が選挙で勝利すれば、民主党も少しは自民党に協力する傾向になるかもしれない。理屈上は自民党を選んだのが「民意」なのだということになるから。
 自民党が敗北すれば、民主党が政権を取ることになるのであろうが、それでも日本の政治の混迷は続くのではないか。民主党が政権を取ったからといって、政治の腐敗や、そのほかのあらゆるレベルでの腐敗はなくならないであろう。経済も行き詰まるであろうし、民衆の生活も立ち行かなくなるであろう。民主党の標榜していることは、その場限りの政策でしかないような気がするが……。

 日本の政治とアメリカの政治を同じレベルで考えることはナンセンスではあるが、アメリカの大統領候補者の演説を聞いていると、大きなビジョンが語られ、それについて候補者同士で公開の議論を戦わせるということが繰り返される。日本の政権指導者たちには、日本の国を将来にわたってどうするのかという、人を動かすビジョンが全然ないのではないか。たまにビジョンを語っても、あとでまわりから公約違反だと突き上げられるようでは、将来に向かって何も語れないということになる。

 いずれにしても困難な状況が続くであろう。それでも国民は生きなければならないんですよね。

« 『ハーディ短編集』(新潮文庫) | Main | 自民党総裁選 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/42358402

Listed below are links to weblogs that reference 福田総理辞職:

« 『ハーディ短編集』(新潮文庫) | Main | 自民党総裁選 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ