« 氷と格闘 | Main | 春がやってくるか »

2012.02.27

小岸昭著『マラーノの系譜』

この本を読んだ。みすず書房、四六版、110ページ。

「マラーノ」というのは、14-15世紀くらいにスペインやポルトガルといった地域で、強制的にキリスト教に改宗させられたユダヤ人のことを意味する。「マラーノ」というのはスペイン語で「豚」の意味だそうだ。彼らはキリスト教に改宗させられても、伝統的なユダヤ教の掟を守り続けた。そのために彼らはさらなる弾圧を恐れて、彼らだけの街を作って住んだ。弾圧する側は改宗させてしまえばめでたしめでたしとなるのかと思いきや、「豚」といって徹底して軽蔑し差別していた。

この時代には、狂信的になって国家権力をもほしいままにしたキリスト教会によって、ユダヤ教信徒は激しく弾圧された。この本はその歴史を語っている。改宗ユダヤ教徒の子孫であるスピノーザ、ハイネ、カフカそのほかの著作を分析しながら、この特殊な歴史が語られていく。非常に興味ある内容だった。このような弾圧を受けたユダヤ人たちの歴史があることは、私も知ってはいた。ユダヤ人は第一世紀の後半になって国を失って、ヨーロッパの各地に散らされていった。その一部はスペインにまで至り、さらには南北アメリカ大陸にまで及んだ。このように厳しい時代の中で、ユダヤ教を守り続けるエネルギーはすごいという感じ。このような歴史の周辺領域の知識に乏しい私には、多くの感動を感じながらも十分には理解できなという焦りがあった。

改宗ユダヤ人の子孫の一人であるカフカについて書かれた部分では、その『審判』という作品の意味を初めて知ることができたことは収穫だった。『審判』という作品は突然に何か理由のわからない容疑によって逮捕されたKという人物について語られていく。何回もの裁判がくりかえされ、弁護士との繰り返しの話し合いでも、何の容疑かもわからずただ右往左往させられるという物語だと、説明されていた。この時代のユダヤ人たちは、このような歴史の中で翻弄されていったのだということが、よくわかる。

« 氷と格闘 | Main | 春がやってくるか »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18113/54092820

Listed below are links to weblogs that reference 小岸昭著『マラーノの系譜』:

« 氷と格闘 | Main | 春がやってくるか »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ