« March 2012 | Main | July 2012 »

2012.04.27

音楽を聴くということ

私が本格的にクラシック音楽を聴くようになったのは、牧師となって八王子に住むようになってからだ。そのころPBAという福音放送局が中心になって、そのころはまだ新しかったラジカセを持って、羽鳥明先生の3分メッセージのカセットテープをセットして、それをもって訪問伝道に訪れ、訪問したお宅の玄関先でそのメッセージを聴いてもらうという、そういう伝道方法が試みられていた。そのためにラジカセを買った。このラジカセはFM放送を受信できた。
そのころNHK-FMでは、土曜日の午後にクラシック音楽の長時間番組が持たれていた。普通は番組は長くても30分というものだった。この枠の中ではクラシック音楽の交響曲などを一曲全部を放送することができない。そこでNHKは聴取者の要望を入れて、土曜日の午後に3時間番組を編成した。結果は交響曲も一曲丸ごと放送することができるようになった。
土曜日の午後と...いうのは、牧師にとってはとても緊張する時間帯だ。そこで私はラジカセを使ってFM放送を受信し、それをカセットテープに録音することを始めた。結局私のラジカセは伝道用にはほとんど使われず、私の音楽趣味を満足させるために使われることになった。
ある夜、寝床を整えながら昼間に録音しておいたカセットテープを再生していた。それはマーラー作曲の「大地の歌」の最後のところ。アルトの歌手が「とこしえに、とこしえに」と繰り返して、だんだんと音楽が消えていくように終わる。470小節以下くらいのところ、コーダの少し前のあたりだったと思うが、それを聴きながら「なんと美しい音楽だろう」と思った。
それまではモダンジャズや、アメリカのミュージカルの音楽などを中心に熱心に聞いてきた。しかしその時以来、クラシック音楽も聴くようになった。それはFM放送を聴くようになってからだ。それは1970年代の後半くらいになってからだった。
ずいぶん後になってから気がつくのだが、優れたクラシック音楽というものは、作られた音楽そのものが素晴らしいのであって、聞こえてくる音の量とは必ずしも比例しないということ。もちろん生演奏にこしたことはないが、モノラルの音であっても、音楽の再生装置がどうのこうのというやかましい議論があるが、音楽そのものが美しいのだということ。貧弱な受信装置で、今のように高性能のカセットテープでない時代に、ラジカセで聴いた音楽の素晴らしさに感動したということは、音楽そのものの美しさなのである。この「大地の歌」は実にすばらしい音楽だ。

2012.04.10

『サラマンダーは炎のなかに』

『サラマンダーは炎のなかに』上下を読了した。ジョン・ル・カレ作、加賀山卓郎訳、光文社文庫、上下巻で732ページもある。スパイ小説という分野に属するものなのだろう。9.11のテロ事件とそれに続くイラク戦争という歴史を背景として物語が描かれていく。「サラマンダー」というのは「火の精」という意味らしい。この本の題は「火の精」は「炎のなかに」あるという意味なのだろう。原タイトルは"Absolute Friends"というのだから、「特別な友人」というような意味なのだろう。二人の国際的なスパイの活躍が語られていく。途中で何か齟齬があったのだろう、突然に国際的なテロの爆裂に巻き込まれてしまうという話。二人のスパイの友人が、国際的な事件・歴史的な出来事の「炎」の中で暗躍するという話なので、日本語タイトルはこうなったのだろう。なかなかしゃれたタイトルづけだと思う。著者は9.11からイラク戦争という歴史の展開の中で形成される米英帝国主義の動きにはかなり批判的らしい。

こういうジャンルの小説は初めて読むので、はじめは物語のどこに焦点を合わせて読んでいけばいいのかがよくわからなかった。よく理解できないままに強引に読み進めて、読了してみると「いい話だったなぁという印象」。お勧めの本だ。

2012.04.05

『マタイ受難曲』を聴く

今週はイエスキリストの受難週なので、今日はバッハの『マタイ受難曲』を聴いた。この三時間もかかる大曲を一気に聴いた。カール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ合唱団・管弦楽団演奏。私はバッハを聴くようになってしばらくしてから、このような大曲があるということを知って、このリヒターのCDを買って聴き始めた。その当時こんな大曲を聴くのは初めてだった。バッハの曲でもこんなにたくさんの「レチタティーヴォ」が含まれているのも初めてだった。

ミニチュア・スコアと呼ばれる楽譜も買って、それを見ながら聴く。そしてCDに付属している説明の小冊子を同時に見ながら(私は歌詞のドイツ語が読めないので)、さらにその小冊子は文語訳なので、新改訳聖書も脇に置いて、頭をフル回転させながらの、至福の三時間を過ごす。イエスキリストの受難週と呼ばれるマタイの福音書の26-27章には、こんなにすごいドラマが書かれているのだということは、この曲を熱心に聴くようになって初め知った。

すばらしい序曲に続いて、いよいよ聖書が読まれていく。そして過ぎ越しの食事からイスカリオテ・ユダの裏切り、ゲツセマネの園での弟子たちの居眠りと、非常に緊迫したドラマが展開されていく、同時に音楽もレチタティーヴォが続き、そこにコラール、ここ15-16曲で歌われるコラールは讃美歌集136番「血潮したたる……」だか、このコラールが26章33-35節のみことばをはさんで二度繰り返される。そしてそれに続いて合唱を伴ったテノールのレチタティーヴォが続くが、ここではテノールが、ゲツセマネの園でのイエスの不安とおののきを歌っていく。ここでの通奏低音は16分音符を連続して刻んでいく。そして合唱が「イエスさまの不安とおののきは私たちの罪のためです」と応答していく。

この逮捕を目前にした緊張した雰囲気に続いて、オーボエソロと合唱を伴ったテノールのアリアが続く。このアリアは「イエスのもとで目覚めていよう」と歌うが、そこまでの緊張感から見事に解放してくれるような名曲である。こんなに美しいオーボエのソロが、今でも世界中に数限りなく存在する楽曲の中にほかにはあり得ないと言えるほどの名曲だと言ってもいい。N響の主席オーボエ奏者の茂木大輔さんが、ドイツに留学中にこの曲に出会った感動をあるところに書いているが、彼のこの曲との出会いの感動が見事に伝わってくる文章だった。

曲中にはオーボエのソロにテノールのアリアがかぶってくるところが何回か出てくる。その両者の絶妙なかけ合いというか、音の合わせ方というか、それは演奏する人たちにとっては非常に難しいところなのだろうが、聴く者にとっては、音楽の素晴らしさを堪能させてくれるところである。そして最後にオーボエのソロがこの曲の主題を11小節演奏して締めくくられる。この演奏を聴くと私は感動してしまって、「もうここまででいいや!」と言って聴き終えることがしばしばであった。

« March 2012 | Main | July 2012 »

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ