2011.07.09

玄海原発再開説明会

原発の安全性を説明する会場は、一般住民から選ばれた7人が県民代表として席に着いていた。

あのNHKニュースの画面を見た限りでは大きな会場、あるいは会議室のように見えた。ところが昨日のNHKの画面を見ると、かなり狭い室内のように見えた。私はかなり驚いた。国側が運転再開にあたって安全の説明をするという会場なので、県民側から選ばれた7人のほかに、発言はしなくても聞くだけに集まった人たちが同じ会場にいたのではないかと思っていた。しかし見たところ会場はずいぶんせまいところのように見える。政府側もテレビに映った7-8人くらいじゃないですか。ここで話し合われたことはかなり重大な内容を含んでいたはず。しかしそのほとんどが専門用語と、専門的なからくりの中にうずもれてしまって、何も住民側には説明が届かなかったように見える。

ところが今回NHKが映しだした映像を見ると、小さい会議室の中で行なわれていたのではないか。画面の左側には、国からの説明者たちと相対する壁面が写っているではないですか。ほかには誰もいなかったのか、という感じである。NHKもこういう映像を持っていたのに、はじめにどうしてこれを使わなかったのだろうか。この映像からは明らかに国側の都合で設定した場所としか見えないではないか。要するに国側は、難しいことは一般の平民には理解できないのだし、そういう平民には何も説明する必要はないという態度である。

今の福島原発の事故を受けて、一般の人々には原発に対する嫌悪感というものが広がっていることは事実。だからもっと多くの県民の意見、恐れに裏付けられる感情などを聞かなければならないのではないかと思う。国の都合で、国民のことは考えずにごり押しするなどということは、かつての日本帝国のしたことと同じではないか。日本国民は歴史からは何も学習もしないし、学習による成長もしていないものと思われる。

2010.06.16

菅首相「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 - MSN産経ニュース

   鳩山首相は結局何を考えておられたのだろうか。首相として、国のリーダーとして、もう少し何かをやってくれるものと期待していたが、鳩山氏自身が、国家の運営に関して何も勉強していなかったのではないかとさえ思われる。言い換えればすべてのことを小沢氏の力に頼っていたということなのではないか。

沖縄の基地を移動させることによって、沖縄の負担を軽くするということは、沖縄県民の発言から当然しなければならない政治上の重要課題だった。しかし移転先に徳之島という案が浮上すると、徳之島は真っ向から反対した。この反対の理由は、徳之島の住民に負担を及ぼすなとか、徳之島の自然を破壊するなとかという主張ばかりで、沖縄県民の負担を少しでも軽くし、自分たちもその荷を負おうという発言はかき消されてしまっていた。

このような発言はおそらく日本国内どこに持っていっても同じだと思う。とすれば、日本国民は沖縄県民の大きな負担を少しは分担しようなどとは考えていないのではないか。マスコミの報道のほとんどもこのような内容だった。

したがって結局は基地問題は行き詰まり状態を突き抜ける方法はないということになる。唯一あるとすれば、米軍に立ち退いてもらうほかはない。沖縄だけでなく日本の各地に散在する米軍の基地のすべてを返してもらうということ以外にない。それができないのなら、一つの方法として沖縄は独立して、直接米国と交渉するしかない。日本という国は何も頼りにならないのだから。そしてもっと言えば、日本という国も自国が独立国であることをもっと明確にするべきなのではないかと思う。

問題は日米安全保障条約の存在であるが、今の日本のリーダーはこの条約を廃棄する勇気をだれも持たない。いや日本の国民全体も、これは仕方がない、やむを得ず必要なのだと思っているに違いない。しかし今では国が直接国境を越えて他の国に軍事攻撃を仕掛けるのは、米国以外にないのではないか。中東、中央アジアには民族間の不穏な戦いはあるが、一つの国が他の国と軍事的な戦いをするということは、この数十年の間になかったはずである。いまや世界中は互いに経済的に繁栄することを願っている。それはひとたび戦争を始めるなら、自分の国の方が潰れてしまうからなのではないか。

あの悲劇の時代を通して日本国が学んだのは、二度と戦争はしないという平和主義だったのではないか。それならばこの平和主義を堂々と貫くくらいの肝の据わったリーダーがいなければならない。残念ながら日本人としてはずかしいけど、このようなリーダーはいないし、これからも育ってこないのではないかと、私は悲観的である。むしろこれからは日本人も、かつての無鉄砲世代のように、好戦的な思想になっていくのではないかとさえ思われる。大衆は操作されやすいし、かつてよりそのような社会システムは格段に複雑になっているのだから。

自民など5野党が街宣車で演説した=15日午後、東京・新宿駅西口(鈴木健児撮影)

菅直人首相が副総理・国家戦略担当相だった昨年9月の政権交代直後、民主党の喜納昌吉参院議員(党沖縄県連代表)に対し、「基地問題はどうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」などと語っていたことが15日分かった。

首相は23日に沖縄訪問を予定しているが、就任前とはいえ、国土・国民の分離を主張していたことは大きな波紋を呼びそうだ。

喜納氏が、鳩山前政権末に記した新著「沖縄の自己決定権-地球の涙に虹がかかるまで」(未来社)で明らかにした。

この中で喜納氏は政権交代後、沖縄の基地問題に関して菅首相と交わした会話を紹介。喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

喜納氏は著書の中で「半分ジョークにしろ、そういうことを副総理・財務相であり、将来首相になる可能性の彼が言ったということ、これは大きいよ。非公式だったとしても重い」と指摘している。

菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露 - MSN産経ニュース

2007.12.11

年金記録の4割特定困難、厚労相の辞任求める声も(読売新聞) - Yahoo!ニュース

リンク: 年金記録の4割特定困難、厚労相の辞任求める声も(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

舛添さんも、ちとはやまったかなという感じでしたよね。
野党がまたまたハッスルする材料が出来ました。
でも野党もあんまり人の批判ばかりしていると、政権を取るなんていうところまで行けなくなるのではないでしょうか。

2007.11.07

民主・小沢代表:辞意撤回

リンク: 民主・小沢代表:辞意撤回「もう一度頑張りたい」 - 毎日jp(毎日新聞).

これでどたばた劇も終幕ですかね。
小沢氏の求心力はどこまで回復できるでしょうか。
いずれにしても政権奪取にはかなりのハードルができたと思われます。
でも、小沢さんには「がんばってね」と言いたい。

2007.11.05

小沢・民主代表:辞意表明

リンク: 小沢・民主代表:辞意表明 「大連立」混乱招き 会見「不信任に等しい」 - 毎日jp(毎日新聞).

突然の辞意表明というのは日本列島をびっくりさせた。しかしこのような突然の行動は小沢氏がこれまでも何回も繰り返してきた手法。

小沢さんは党首会談で、福田首相の提案する「大連合」を受け入れていたのでしょうね。辞意表明の記者会見の内容でも、そのことが伺われる。自民党との連合政権を成立させその中で国民との公約を実現できるだろうという構想を持ったらしい。しかし民主党の中にはこのやり方が、いままでの方針とまったく異なることに抵抗があったものと思われる。
政治というものは、もともとは妥協から成り立っているものなのではないか。互いに異なった意見を主張するということは、これは当然ありうることである。しかし自民党は強行採決ということを考え直し、民主党も議決の場所を欠席するという手段はやめて、堂々と反対票を投ずることによって、反対意見を主張するということが、本来の会議というもののあり方ではないか。

小沢氏は今の民主党は、若さゆえに、独自で政権を握るということは難しいと言った。ということは自分の政党である民主党に、すでに期待をしていないことなのではないか。民主党が政権をとるのだと、今までも機会あるごとに述べてきていたが、内心は難しさを認めていたのだろう。

政治の局面は、いまや非常に難しい場面に来ている。自民党の政治もなんかアメリカ共和党と大連立しているかのようである。イスラエルなどでも挙国一致内閣などと称して大連合政治を行なっていたが、やはり混乱は避けられなかった。混乱しながらも強引に一党独裁で行くのか、あるいは一人の独裁者、あるいは強力な大統領制にするのか、世界も迷っているところである。

2007.11.01

日本の給油活動

NHKニュースによれば、日本の給油活動についてゲーツ国防長官が次のように語ったということだ。
「日本の活動継続はアメリカだけでなく、国際社会全体が望んでいるものだとして、早期再開に期待するとしています」と。
しかしほんとうに「国際社会全体が望んでいる」ものなのだろうか。

アメリカは国防長官を送ってきて、各方面に積極的に働きかけている。確かにアメリカは日本が再開することを望んでいるが、それを国際社会全体に広げてしまうのはどうなんですかね。

2007.10.26

守屋前防衛次官 「ゴルフ交際」

リンク: 社説:守屋前防衛次官 「ゴルフ交際」に自ら説明を - 毎日jp(毎日新聞).

最初はちょっとしたこと、それもごく日常的なことだったのではないか。
ところがそこに明確な倫理的思考が伴わなかったために、闇の側に簡単に引き込まれてしまったのではないかと思う。うごめいている暗闇の力は、一人の人間の倫理的判断を容易に鈍らせてしまうもの。よほどの決意がなければ、すべての人はこの闇の中に吸い込まれてしまう。
と言うよりも、人々はその暗闇の力の中でしか、動いていないのかもしれない。まわりではやし立てる人々もまた同じである。

お互いに自分がどこを歩いているのかに、常に注意しよう。

2007.10.16

海自インド洋給油問題

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071016dde007010016000c.html
海自インド洋給油:安保理の会合で給油継続を表明--高須国連大使
 【ニューヨーク小倉孝保】高須幸雄国連大使は15日、アフガニスタン情勢を協議する国連安全保障理事会会合で演説し、海上自衛隊によるインド洋での給油活動継続の意思を表明した。

 高須大使は「日本は海上阻止活動継続を決定した。政府は、インド洋での給油活動継続に法的根拠を与えるための法案を近く国会に提出し、承認を得る」と説明した。

毎日新聞 2007年10月16日 東京夕刊

 早くもこのように表明してもいいのですかねぇ。
 日本が憲法で戦争放棄をうたったのは、あの第二次世界大戦という人類未曾有の世界戦争を経験した後に、再び世界は大規模な戦争をするとは、だれも予想しなかったという事情があるのではないか。
 もしそうだとすれば――それがある意味では良心的人々の真実だった――人間歴史の理解に甘さがあったのではないか。すなわち人間の歴史というものは天地創造以来、戦争の歴史であったのだから。戦争はなくしたいと良識ある人たちは考えてきただろうが、考えた結果は互いに武器を取ることしか解決の方法が見いだせないというのは悲しい現実ではないか。
 日本も何も自衛隊まで出動させて、世界戦争に近づきつつある現実に頭をつっこむこともないのではないか。石破防衛大臣は参院の委員会で、洋上給油という曲芸をやってのけるのは、世界ひろしと言えども数カ国しかないとか何とか吹聴していました。
 何かほかにやれることはないのでしょうねぇ。

2007.10.01

福田首相:初の所信表明 格差是正に重点 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 福田首相:初の所信表明 格差是正に重点 - 毎日jp(毎日新聞).

福田新首相が施政方針演説にまでこぎ着けましたね。突然のことで本当に大変だったと思われます。
でもどうやら無難に処理したようです。野党の反論も、そんなに威勢のいいものは見あたらなかったようですね。これからの対話に期待されているようです。

福田さんの人柄を現わしているのでしょうが、すべてを温厚にという考えのように見受けられます。しかし一国のリーダーとなると、あまりのんきなことを言ってばかりもおられないでしょう。小泉さんのように太い柱を押っ立てるのでなくても、細くてもしっかりした柱を立ててもらいたいように思いますね。

ダルフール:何者かがAU基地襲撃10人死亡 スーダン - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: ダルフール:何者かがAU基地襲撃10人死亡 スーダン - 毎日jp(毎日新聞).
国連の介入がうまくいかないですね。国連安保理の理事国が、国連本来の使命を忠実に果たしていないという問題があるのではないかと見える。

より以前の記事一覧

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ