2012.04.27

音楽を聴くということ

私が本格的にクラシック音楽を聴くようになったのは、牧師となって八王子に住むようになってからだ。そのころPBAという福音放送局が中心になって、そのころはまだ新しかったラジカセを持って、羽鳥明先生の3分メッセージのカセットテープをセットして、それをもって訪問伝道に訪れ、訪問したお宅の玄関先でそのメッセージを聴いてもらうという、そういう伝道方法が試みられていた。そのためにラジカセを買った。このラジカセはFM放送を受信できた。
そのころNHK-FMでは、土曜日の午後にクラシック音楽の長時間番組が持たれていた。普通は番組は長くても30分というものだった。この枠の中ではクラシック音楽の交響曲などを一曲全部を放送することができない。そこでNHKは聴取者の要望を入れて、土曜日の午後に3時間番組を編成した。結果は交響曲も一曲丸ごと放送することができるようになった。
土曜日の午後と...いうのは、牧師にとってはとても緊張する時間帯だ。そこで私はラジカセを使ってFM放送を受信し、それをカセットテープに録音することを始めた。結局私のラジカセは伝道用にはほとんど使われず、私の音楽趣味を満足させるために使われることになった。
ある夜、寝床を整えながら昼間に録音しておいたカセットテープを再生していた。それはマーラー作曲の「大地の歌」の最後のところ。アルトの歌手が「とこしえに、とこしえに」と繰り返して、だんだんと音楽が消えていくように終わる。470小節以下くらいのところ、コーダの少し前のあたりだったと思うが、それを聴きながら「なんと美しい音楽だろう」と思った。
それまではモダンジャズや、アメリカのミュージカルの音楽などを中心に熱心に聞いてきた。しかしその時以来、クラシック音楽も聴くようになった。それはFM放送を聴くようになってからだ。それは1970年代の後半くらいになってからだった。
ずいぶん後になってから気がつくのだが、優れたクラシック音楽というものは、作られた音楽そのものが素晴らしいのであって、聞こえてくる音の量とは必ずしも比例しないということ。もちろん生演奏にこしたことはないが、モノラルの音であっても、音楽の再生装置がどうのこうのというやかましい議論があるが、音楽そのものが美しいのだということ。貧弱な受信装置で、今のように高性能のカセットテープでない時代に、ラジカセで聴いた音楽の素晴らしさに感動したということは、音楽そのものの美しさなのである。この「大地の歌」は実にすばらしい音楽だ。

2012.04.05

『マタイ受難曲』を聴く

今週はイエスキリストの受難週なので、今日はバッハの『マタイ受難曲』を聴いた。この三時間もかかる大曲を一気に聴いた。カール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ合唱団・管弦楽団演奏。私はバッハを聴くようになってしばらくしてから、このような大曲があるということを知って、このリヒターのCDを買って聴き始めた。その当時こんな大曲を聴くのは初めてだった。バッハの曲でもこんなにたくさんの「レチタティーヴォ」が含まれているのも初めてだった。

ミニチュア・スコアと呼ばれる楽譜も買って、それを見ながら聴く。そしてCDに付属している説明の小冊子を同時に見ながら(私は歌詞のドイツ語が読めないので)、さらにその小冊子は文語訳なので、新改訳聖書も脇に置いて、頭をフル回転させながらの、至福の三時間を過ごす。イエスキリストの受難週と呼ばれるマタイの福音書の26-27章には、こんなにすごいドラマが書かれているのだということは、この曲を熱心に聴くようになって初め知った。

すばらしい序曲に続いて、いよいよ聖書が読まれていく。そして過ぎ越しの食事からイスカリオテ・ユダの裏切り、ゲツセマネの園での弟子たちの居眠りと、非常に緊迫したドラマが展開されていく、同時に音楽もレチタティーヴォが続き、そこにコラール、ここ15-16曲で歌われるコラールは讃美歌集136番「血潮したたる……」だか、このコラールが26章33-35節のみことばをはさんで二度繰り返される。そしてそれに続いて合唱を伴ったテノールのレチタティーヴォが続くが、ここではテノールが、ゲツセマネの園でのイエスの不安とおののきを歌っていく。ここでの通奏低音は16分音符を連続して刻んでいく。そして合唱が「イエスさまの不安とおののきは私たちの罪のためです」と応答していく。

この逮捕を目前にした緊張した雰囲気に続いて、オーボエソロと合唱を伴ったテノールのアリアが続く。このアリアは「イエスのもとで目覚めていよう」と歌うが、そこまでの緊張感から見事に解放してくれるような名曲である。こんなに美しいオーボエのソロが、今でも世界中に数限りなく存在する楽曲の中にほかにはあり得ないと言えるほどの名曲だと言ってもいい。N響の主席オーボエ奏者の茂木大輔さんが、ドイツに留学中にこの曲に出会った感動をあるところに書いているが、彼のこの曲との出会いの感動が見事に伝わってくる文章だった。

曲中にはオーボエのソロにテノールのアリアがかぶってくるところが何回か出てくる。その両者の絶妙なかけ合いというか、音の合わせ方というか、それは演奏する人たちにとっては非常に難しいところなのだろうが、聴く者にとっては、音楽の素晴らしさを堪能させてくれるところである。そして最後にオーボエのソロがこの曲の主題を11小節演奏して締めくくられる。この演奏を聴くと私は感動してしまって、「もうここまででいいや!」と言って聴き終えることがしばしばであった。

2010.10.07

アルマ&グスタフ・マーラーの歌曲

マーラーの歌曲が聴きたいと思ってNaxosにつないだ。

「A. マーラー/G. マーラー:歌曲集(リッターブッシュ/コメレル)」というのを選んで聴いた。このアルマ・マーラーというのは、マーラーの奥さん。夫と同じく作曲家である。アルバムのレビューには「アルマの歌曲は師であるツェムリンスキーの影響が強くみられ、半音階や転調に特徴があり、表情豊かで濃厚なロマンティシズムに溢れています」と書かれている。作曲法を夫には教えてもらわなかったのだろうか。いや結婚する前に、そういう勉強をしたのであろう。でもなんとなくグスタフの曲にも似ているような感じがする。

このアルバムには後半にグスタフの曲も入っている。「若き日の歌」「子どもの魔法の角笛」「リュッケルト歌曲集」からの抜粋が収められている。アルマの曲からグスタフの曲に移るといきなり雰囲気が変わるのにはびっくりした。音楽の世界が全然違うのだ。演奏者はどちらも同じ。ソプラノのザビーネ・リッターブッシュと、ピアノのハイディ・コメレルという人。同じ演奏者で、同じくピアノ伴奏のソプラノの演奏と何も変わりがない。しかしいきなり音楽が全く違うのだ。音そのものもなんの変わりがあるわけでもない。しかし作曲家の音造りの感覚の違いなのだろう。これはもちろん聴く側の好みの違いもあるだろうが、最初の数小節を聴いただけで、音楽の世界がまるで違ってしまうというのには、ほんとうにびっくりした。

グスタフ・マーラーの曲は、いつもオーケストラをバックに聴いている。以前にもピアノ伴奏の演奏を聴いたことがあるが、マーラーの音楽世界というものは、オーケストラでもピアノでも、なんの違いもないと言ってもいい。作曲家というものは、実に不思議な感覚を持っているものだと感心してしまう。

2010.08.20

ナクソス・ミュージック・ライブラリー

 NAXOSを使っている。非常に使いやすいサイトだ。「ミュージック・バード」がなくなるという知らせを受けて、急遽ネット上を探して見つけたサイトだ。クラシック音楽の専門サイト。
 今まではどちらかというと放送されているものを受動的に選択して聞いていた。プログラムリストなどを参照して聞きたいと思うものを選んで聞いていた。したがって自分の好みに応じて聞くというよりも、どちらかというと受動的なものだった。ところがこの「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」というのは、そのホームページによれば4万曲もの在庫があって、その中から自由に聞くことができるとなっている。
  そんなにたくさんの数の中からどうやって聞きたい曲を選ぶのかと、初めは心配した。しかしよく見るとさまざまな選択の方法が提供されている。毎日加えられる新譜から選択できるし、たくさんの人が書いている「レビュー」からもこれはというものを聴くことができる。その短い文章についつい引っかかって聞いてしまうというようにできている。これはありがたい。
 こうして今日は、レスピーギの「ミクソリディア旋法の協奏曲」というものと、「五声の協奏曲」というものを聞いた。両方ともピアノ協奏曲のスタイルである。レスピーギの曲では、「ローマの松」とかいうものしか聞いたことがなかった。両方とも三つの楽章からなっていて、真ん中の楽章が両方ともレントとかアダージオとなっていて、ゆっくりの曲。「ミクソリディア旋法の協奏曲」のレントはオーケストラの各パートとピアノとの微妙なからみが、魅力的だった。「五声の協奏曲」の第二楽章も同じように美しい曲だった。こんな素晴らしい曲を聴くことができるというのは、まさに何か得をしたという感じであった。
 ずいぶん前から使っていたVictorのヘッドホンは、アンプのヘッドホン端子に、標準からミニに変換するジャックを付けて聞いていたが、どうも接続がうまくいかなくなることがあってトラブっていた。それを思い切ってaudio-technicaのものに付け替えた。それによってより鮮明な音を聞くことができるようになった。

2010.08.04

「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」というもの

 衛星ラジオ放送「ミュージック・バード」から、この放送が2011年7月で廃止になるとの通知を受け取った。この知らせを見たとき「ついに来るべきものが来たか!」という感じだった。1996年から聞いてきたので、14年間お世話になったわけだ。その間にMDを150枚くらい収録した。
 こちらに来てからはMDデッキが動かなくなってしまったので収録はできなかった。それで直接PCに録音してしまうという方法を使っていたが、これがなかなか大変だった。録音してからの後の処理が大変だったのだ。MDの場合には『fmファン』という雑誌に掲載されてくるプログラムを切り取ってラベルに貼るだけの作業だった。しかしPCに録音しても曲ごとに切り分けるとか、曲名のテキストファイルをつくるとか、いちいちかなりの手間がかかっていた。
 この番組の廃止に当たっては、おなじCSラジオのSPACE・DIVAに切り替えてくれという案内があって、SPACE・DIVAの専用チューナーを無料で提供するというサービスが案内されていた。その番組をいろいろと調べてみると、今までの番組と同じような内容のチャンネルもあるらしい。そのほか最低でも50チャンネルの放送が、このチューナーでは聞くことができる。

 「ミュージック・バード」廃止の知らせを受けてから、ネット上をいろいろと探してみた。それに代わるものがあるに違いないと思ったのだ。今まで全然知らなかったけれども、いろいろなツールがたくさんある。
 手っ取り早くやるのには、インターネットラジオがよいのではないかと思って調べてみた。OTTAVAというネットラジオ局がクラシック音楽専門のチャンネルだということを見つけた。しかしこれを聞いてみると、細切れの放送で、あまり魅力はなかった。
 さらにパソコンの内部の音をなんでも録音してしまうという「超驚録」というソフトもVectorからダウンロードして試してみた。要するにスピーカー出力のラインの所で録音するというソフト。うまいこと録音ができるが、やはり録音してからの切り分けが大変な手間だった。30分ほどの録音でも切り分けに半日かかってしまうという大変さだった。「ミュージック・バード」のころの手軽さというものが懐かしく感じるほどだった。

 こうしてネット上を探していると「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」というサイトを見つけた。これはCDをストリーミングで聞くことができるというもの。初めは自分の興味がラジオを録音してコレクションにするというものだったので、ダウンロードができずにただ聞くだけというのはちょっと不安だった。要するに自分のライブラリーを作ることができないのではないかと思っていたのだ。
 しかしよくよく説明書きを読んでみると、契約すれば、自分のライブラリーを構築することができて、それを何度でも再生することができるということが分かってき。要するに自分のCD棚から、その時の気分で一枚のCDを選んで聞くという感じであることが分かった。
 このサイトには4万件もの曲が収録されているという。すなわちCDを買ったり、MDの録音コレクションをしたりしても、それを置く場所に困るということがある。ところがこのサイトでは、そこに蓄えられている曲のすべてが、あたかも自分のコレクションであるかのように自由に聞くことができるということが分かった。すなわちこれは今のはやりの「クラウド」なのだ。CDはサイト側にコレクションしてあるので、それをいつでも自由に取り出して聞くことができるということが分かってきた。

 それでその費用であるが、1か月1800円。1年間契約だと21000円ということである。ということは、CD1枚の価格で、何曲でも聞くことができるというもの。試聴もしてみて、またサイト内をいろいろと歩き回って、結局、これはいいのではないかというので契約した。そして早速聞いてみた。

 新しくサイト上のアルバムに加えられたものはホームページで案内されるので、新しいCDの情報も得やすい。また索引も充実しているので、いままで聞いたことのなかったものも探すことができる。これは便利。
 早速サイトに接続してみるといきなり、昨年のバン・クライバーン・コンクールの、辻井伸行のセミファイナルのCDが案内されていた。早速聞いてみた。マスト作曲の「インプロビゼーションとフーガ」という曲と、ベートーベンのPソナタ9番「ハンマークラヴィア」の二曲が収録されているもの。特にベートーベンのソナタの第3楽章の演奏が見事だった。音楽を聴くことの幸せとか、すぐれた芸術作品に触れるときの緊張感というものを見事に感じさせる演奏だった。演奏が終わってからの聴衆の大拍手と叫びも、3分弱ほど収録されていて見事だった。聴衆の興奮がそのまま伝わってきて、辻井氏の演奏がすばらしかったことが証明されているようだった。

続いてバラキレフ:交響詩「タマーラ」(モスクワ・フィル/ヒュム・ドン=ヒョク)というものを見つけて聞いてみた。なかなかの曲だった。

2007.04.30

楽譜の風景

 というタイトルの書物があった。岩城宏之という指揮者のもの。オーケストラの指揮者はどういうことを考えながら指揮をしているのかという興味で、この本を読んだ。ここではその本の読後感を書こうというのではない。

 私は音楽を聴くときには楽譜を見ながら聴く。ふつう「楽譜を読む」というものだが、私はあまり詳しいことはわからないので、楽譜を眺めていると言ったほうがいいかもしれない。言い換えれば「楽譜の風景」を眺めているのである。
 私の子どもの頃に、我が家には子どものための百科全書があった。それは科学や生物などというジャンル別に一冊ずつになっていた。私たち兄弟が特に愛読したのは、小話やクイズなどが書かれている一冊である。私の記憶ではその全書の中に音楽というジャンルの一冊があった。私はそれも読んだ。
 今ではそれが確かだったのかどうか、何かあやふやなのである。というのはその一冊の最後のところに、なんとベートーベンのピアノソナタの楽譜があったのである。その楽譜を特に印象深く覚えているのは、第三楽章の最後のところにある「カデンツァ」というのであろうか、下から上へと駆け上がっていく楽譜の美しさに見とれていたのを、今でも覚えている。
 このソナタの全曲が納められていたのかどうか、そこまでは記憶していない。しかしこのソナタの有名なところは第一楽章なので、子供向けの本にどうして全曲が収録されていたのかも不思議に思う。私のかすかな記憶では、もう一曲別の曲の楽譜もあったように思う。しかし収録されていたものが確かにこのソナタの楽譜であることは間違いない。成人して、しかも三十歳代の後半になって、音楽をよく聴くようになって初めて楽譜を購入したのはこの「月光ソナタ」なのである。それは子どものころの記憶が鮮明に残っていたからである。
 それ以来、ベートーベンのソナタ集、モーツァルトのソナタ集などを購入して曲を聴くようになった。それからモーツァルトのピアノコンチェルトと交響曲なども、出版されているものは全部手に入れて聴いてきた。
 その後だんだんと大きな交響曲に興味が移っていき、ブルックナー、マーラーなどの楽譜を愛読している。交響曲の楽譜は値段も高いので、もっぱらミニチュア版で頑張っているが、マーラーのものなどは、老眼になってからはかなりきついものがある。最近では楽譜を見ないで聞くと、なにか損をしたような気になってしまう。

 さて美しい曲は、楽譜を見ても美しいものである。先に書いた「月光ソナタ」の楽譜を記憶しているのも、その美しさを記憶しているのである。マーラーの交響曲などは、非常に複雑に書かれていて、音を聴きながら楽譜を追っていくのも容易ではない。
 その第一交響曲の出だしなどは、美しい楽譜の代表的なものといってもいいのではないか。最初、弦のフラジオレットでこの曲は始まる。そしてマーラーの独特の四度下降の音形が現れるとすぐに、クラリネットが特徴ある三連符のメロディを奏でる。これらの音が絡み合い、ミュート・トランペットへと受け継がれて、木管やホルンが四度下降の音形を繰り返しながら、自然に第一主題に入っていくあたりは、何度聴いても美しいと思う。
 私の持っているミニチュア・スコアでは6ページにわたる。細かく見ていくと、実に細かく、さまざまな演奏の指定が書き込まれている。オーケストラというものはこの細かい指定を実に見事に弾き分けていって、作曲家が意図している音の絶妙な響きをつむぎだすものである。ほんとうに見事というしかない。その楽譜に細かく書き込まれた指定を見ながら音楽を聴いていくと、ほんとうに涙の出るような感動を覚えるものである。

 美しい音楽は楽譜もまた美しいものである。いや楽譜が美しく、精緻に書かれているゆえに、音楽も美しく、精緻に響いてくるものなのだろう。

2007.03.06

Cubase4

最近のデジタル音楽の世界は、ものすごい変化ですね。日々新しいものが出てくるという感じで、まことにめまぐるしいような変化です。
「シーケンサー・ソフト」と言っていた音楽製作ソフトも、最近はたくさんの機能を搭載するようになって、名称もDAW(Digital Audio Workstation)などと呼ばれるようになりました。
そのソフトのひとつの「Cubase」が昨年末にバージョンアップしました。新しくさまざまな機能が追加され、使いやすくなりました。その新しいバージョンで一曲作ってみました。聴いてください。2分45秒あります。


2007.01.17

MIDIの制作

 東京から長野の山の中に移住してきて、忙しい仕事からも解放されたので、ずうっと念願だったMIDIの制作に励んでいる。
 MIDIというのは"Musical Instrument Digital Interface"の頭文字を並べたもの。ではこのMIDIを日本語では何というのかという正式の訳語はないようだ。要するに音楽情報をコンピュータの情報に変換する規格であるということ。いわば「音楽機材間の数字式伝達規則」とでも言えるのではないか。私は横文字人間ではないので、なんでも日本語にしなければ、うまく頭の中に入ってこないという性格である。それでいつもこのように勝手な訳語を作り出して理解を深め、楽しんでいる。

 音楽というものは元来がコンピュータデータにしやすい性質があるのではないか。しかしいざコンピュータデータにしようとすると、ものすごく大きなデータが必要になる。そのデータをいかにして作り上げるかというのが、MIDIのお勉強というわけ。

 この規格は1982年1月に世界中で使われるものとして承認された。まだ14年しか経ていない。しかしこの間に、音楽の世界はこのMIDI規格のために、ものすごい広がりを見せたのである。この規格が決まる以前から、いわゆる電子楽器と呼ばれるものがあった。1960年代の半ばにはアメリカのモーグいう人が最初の、いわゆるシンセサイザー、電子楽器を製作した。
 この楽器を使って最初にLPのアルバムを出したのが、ウォルター・カーロスという人で、そのアルバムのタイトルは"Switched On Buch"であった。しかしこの「モーグ」という名をつけられた楽器で、その時代以後の音楽状況を革命的に変化させたのは日本の富田勲であったと言える。富田勲がこの「モーグ」という楽器を輸入したときには、六畳の部屋の一方の壁面いっぱいになるほど大きなものだったそうだ。というわけで、日本では以後「モーグ」のことを「たんす」という通称で呼ばれることになった。
 富田勲はこの「たんす」を操って、『月の光』という名アルバムを作り出した。これはオーケストラの楽曲を、全く新しい音色イメージで作り上げたもので、世界中の音楽関係者、音楽愛好者を「あっ」と言わせたものである。
 私が最初にコンピュータを手に入れたのは1984年のことである。このときすでに「たんす」はパソコンでも使えるように小型になっていた。しかもコンピュータに「音源」という音を出すものをくっつけて、コンピュータからその音源を操作して、音楽を作るというものに進化していた。私はその頃すでにMIDIということに関する情報を得ていたしこれを使えば、楽器の使えない私でも、音楽を演奏できるという魅力にとりつかれていた。コンピュータを入手する理由の半分ほどは、MIDIを使って音楽を作るというものだった。

 最近はこの分野でも進化は著しく、いまではコンピュータのCPUそのものを使って音楽を鳴らすというのが主流となった。そしてシンセサイザーそのものもソフト化されるようになって、この「ソフト・シナセ」というものを使って、非常に手軽に音楽を作り出すことができるようになった。
 下のデータは、そのようにして私が作ったもの。わずか8小節の曲を2回繰り返しただけという簡単なもの。聞くのにはこの曲名"haikaiなんとか"というところをクリックすると、ダウンロードされWMPが入っている人は自動的に立ち上がって演奏が始まります。ない人はMP3を鳴らす道具で鳴らしてみてください。

2005.10.31

モダンジャズはどこへ

 『東京大学のアルバート・アイラー』という本を読んだ。副題が「東大ジャズ講義録・歴史編」となっている。著者は実際にこの講義を担当した菊池成孔(なるよし)氏と大谷能生(のりお)氏のふたり。これは2004年4月から一年間、実際に東京大学駒場キャンパスの1313教室で行われたモダンジャズの盛衰についての講義の記録。
 400人くらい収容のこの教室は八割がたの入りだったらしいが、なんとその半数以上はもぐりの人たちだったとのこと。事前にこの講義のことを知っていたら私ももぐりで聞きに行っていたかもしれない。読後感は非常におもしろかったというもの。
 ふつうジャズの紹介文や批評文というものは、その執筆者の主観的な感情論だけで書かれているものがほとんど。この本を読むと、モダンジャズというものがどういう構造になっているのかを知ることができる。私も最近になってジャスの理論を学んだので、その辺のところは十分に納得しながら読むことができた。
 副題には「歴史編」とあるとおり、モダンジャズがどのようにして生み出されてきて、どのように崩壊していくのかが、とてもよくわかった。私も一時のビバップ熱に引きずられていたが、そこから新しい感覚のモダンジャズが誕生することによって、ほとんどこのモダンジャスに入り浸りになっていた。しかしその後、理論的にもテクニック的にも、おそらくこのモダンジャズというジャンルの音楽は行き詰まってしまったのではないかと思われる。私は一時はジャズから離れてクラシック音楽ばかりを聴いていたが、ここ10年くらいの間は、ふたたびジャズを聴くようになった。
 私の感じではそのブランクの間にモダンジャズは完全に様変わりしていたというものであった。それがどうしてなのか良くわからなかったが、この本を読んでやはりモダンジャズは崩壊してしまったのだと納得した。最近のジャズの演奏は、テクニックばかりが先行してしまっていて、かつての高度な音楽性というものがなくなってしまったように思う――きわめて主観的な感情論ではあるが。
 ジャズの側から言わせると、やるべきことは全部やってしまったという感じであり、聴衆の側から言わせると、あの高度な音楽性と、黒人性(?)が受け入れられなくなったからなのではないか。「東京ジャズ2005」というイベントがあった。このイベントをあとでテレビで放映されたのを見たが、確かにテクニックのものすごさというものはあるが、実はそれだけではないかと思える演奏ばかりであった。かつてのモダンジャズを開拓して行った人たちの演奏には、豊かな音楽性と、インプロヴィゼイションの緊張感とが、その中心にあったと思う。そういうものがなくなってしまった今のジャズは、下手をすると単なる騒音になってしまうのではないかと思う。

2005.10.28

新曲

しばらくぶりに新曲の発表です。

今回はバッハの曲を編曲しました。ピアノの入門に良く使われる「インベンションとシンフォニア」という曲集の中から「シンフォニア第一番」です。バッハの曲はどの曲もとても魅力的なものばかりです。私はDTDの初歩のころから、いろいろな曲を打ち込んで楽しんできました。

私のホームページのほうから聞くことが出来ます。

August 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ